確定申告、業務の流れ(個人)
家事按分の割合は一般的にどうしたらよいですか?

ID:ida663

一般的に、使用割合によって按分します。

具体的には、家賃などであれば面積割合(家賃に付随する水道光熱費も一般的にはこれにあわせた按分を行います)、車両などであれば使用日数といったように、合理的な比率で按分します。

【一般的な例】
地代家賃:事業として使用している面積比率の割合で按分します。
通信費:業務とプライベートでの利用割合などの実績割合により按分します。
水道光熱費:業務とプライベートでの使用時間の割合や、面積比率の割合で按分します。
車両関連費:使用日数、走行距離などを記録(書ける範囲で一覧表などに記録)して、その実績割合で按分します。

合理的な基準を決めて「按分」します

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク