確定申告、業務の流れ(個人)
家賃や光熱費はどこまで経費になりますか?(家事按分の割合)

ID:ida663

自宅兼事務所の家賃や電気代などの家事関連費は、事業に係る部分を按分して必要経費として計上することができます。
家賃などであれば面積割合、車両などであれば使用日数といったように、合理的な比率で按分します。

【一般的な家事按分の例】

家事関連費按分例
地代家賃事業として使用している面積比率
水道光熱費使用時間、面積比率
通信費使用時間
車両関連費使用日数、走行距離

具体的な按分例は以下のページを参考にしてください。
家賃や光熱費を経費にする「家事按分」のやり方

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク