確定申告、業務の流れ(個人)
営業用自動車を売却し現金で受け取った仕訳は?

ID:ida687

営業用自動車を売却したときの取り扱いは、個人事業主と法人で異なります。
また、消費税の免税事業者か課税事業者かで処理が異なります。

個人事業主が営業用自動車を売却した場合、売却損や売却益は事業所得や不動産所得の支出や収入に
なりません。そのため「事業主貸」や「事業主借」で仕訳します。
売却損や売却益は、総合課税の譲渡所得に該当するため、所得税の確定申告書に直接記載します。

法人が営業用自動車を売却した場合、売却損や売却益は事業の支出や収入になります。
そのため「固定資産売却損」や「固定資産売却益」で仕訳します。


【例】
5月に営業用自動車(期首帳簿価額220,000円)を200,000円で中古車販売業者へ売却した。
売却価額には、資金管理料を除く預託済みリサイクル料金相当額として12,000円が含まれている。
なお、売却月までの減価償却費を計上することとしている。 

【仕訳】(個人、消費税免税)
借方勘定科目  借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
現金 200,000円 車両運搬具 220,000円 自動車売却代金/
自動車(期首帳簿価額)
減価償却費  10,000円 預託金 12,000円 5月までの減価償却費/
リサイクル料金 
事業主貸   22,000円 売却損

【仕訳】(法人、消費税免税)
借方勘定科目  借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
現金 200,000円 車両運搬具 220,000円 自動車売却代金/
自動車(期首帳簿価額)
減価償却費 10,000円 預託金 12,000円 5月までの減価償却費/
リサイクル料金 
固定資産売却損
22,000円
売却損

【仕訳】(個人、消費税課税)
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
 現金  188,000円

車両運搬具 
※1、※2

  174,074円 自動車売却代金/
自動車(消費税課税売上) 
 減価償却費   10,000円 仮受消費税等
 ※1
  13,926円 5月までの減価償却費/
自動車売却の消費税 
 事業主貸    35,926円  車両運搬具 
※2
  45,926円 

売却損/
自動車(消費税対象外) 

現金    12,000円  預託金    12,000円  リサイクル料金 

【仕訳】(法人、消費税課税)
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
 現金  188,000円  車両運搬具
 ※1、※2
  174,074円 自動車売却代金/
自動車(消費税課税売上)
 減価償却費  10,000円  仮受消費税等 
※1
  13,926円 5月までの減価償却費/
自動車売却の消費税 
固定資産売却損  35,926円  車両運搬具 
※2
  45,926円 売却損/
自動車(消費税対象外)
 現金  12,000円  預託金   12,000円  リサイクル料金 


●消費税の課税事業者の場合は、消費税を計算するための仕訳をします。
※1 消費税法上、車両運搬具を売却した場合も売上(課税売上)と考え、消費税額を計算します。
    消費税法上、車両の売上(課税売上)と考える金額は、売却代金(受け取った金額)です。
    ただし、売却代金にリサイクル預託金部分を含む場合には、預託金部分は債権の譲渡
      (有価証券譲渡)になるため、売却損益を求める際は、売却代金から預託金部分を引いた残り
      (200,000円-12,000円=188,000円)が車両の売却代金です。
       188,000円を本体価額(税抜価額)「車両運搬具 174,074円」と消費税額
     「仮受消費税等 13,926円」に分けて記載します。
    会計ソフトに入力する場合は、どちらも税区分をつける必要があります。
    弥生会計、やよいの青色申告では「課税売上」です。
      また、預託金部分は、有価証券の譲渡の取り扱いになりますので、別途仕訳を行い税区分を
    つけます。
    預託金の金額の5%相当額が消費税の計算上、非課税売上に算入されます。
   (これは平成27年4月1日以後開始する課税期間の取り扱いであり、それ以前の課税期間では
       非課税売上として全額算入されます)
    弥生会計、やよいの青色申告では「有価証券譲渡」です。

※2 車両運搬具の期首帳簿価額「220,000円」は、便宜上、上記※1の消費税法上、
    売上(課税売上)と考える金額「174,074円」とそれ以外「45,926円」に分けます。
    あくまで消費税計算のため便宜上に分けますので、仕訳に意味はありません。
       それ以外「45,926円」は消費税に関係しませんので、「対象外」、「枠外」などの税区分
       で処理します。
       弥生会計、やよいの青色申告では「対象外(売上)」です。

※上記の仕訳例は一例です。消費税区分の入力方法は会計ソフトによって異なります。
  お使いのソフトに合った入力をしてください。



メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク