確定申告、業務の流れ(個人)
開業資金を預け入れたときの仕訳は?

ID:ida693

開業時に開業資金を預け入れたときは、「元入金」で仕訳します。


【例】
事業開始のため、普通預金口座を開設し500,000円を預け入れた場合


【仕訳】
借方勘定科目  借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
普通預金 500,000円 元入金 500,000円 開業資金預け入れ

※開業後の取引であれば、「元入金」の代わりに「事業主借」で仕訳します。

 「事業主借」での仕訳方法は、以下のFAQを参照してください。

  プライベートの生活資金を事業用資金としたときの仕訳は?


※やよいのクラウドアプリケーションをお使いの方は、開業資金を預け入れたときの仕訳は必要ありません。
 [残高の設定]で開業時点の手元資金を、期首残高として登録します。

 開業時の設定方法は、以下のFAQを参照してください。

  開業時の設定方法

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク