決算・申告、業務の流れ(法人)
事務所の更新料を支払ったときの仕訳

ID:ida6964

事務所などの更新料を支払ったときは「(長期)前払費用」を使って仕訳します。

更新料とは、賃貸契約期間の満了時において契約を更新する際に、家主に対して支払う一時金
のことです。
更新料の効果は、支払年度だけでなく契約期間にわたります。
そのため、支払年度で一時に経費にするのではなく、契約期間の年数(最長5年)で少しずつ
経費にします。

【例】
 期首日に事務所の契約期間が終了したので、更新料600,000円を現金で支払い再契約した
 新しい契約期間は3年である

【仕訳】
・更新料支払日
借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
(長期)前払費用 600,000円 現金 600,000円 更新料の支払い

・決算日
 決算日には、当期に経費になる金額を月数案分で計算し、「(長期)前払費用」から振り替えます。
 計算式 600,000円×12か月/36か月=200,000円

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
(長期)前払費用償却 200,000円 (長期)前払費用 200,000円 当期分償却
※決算日の仕訳は、「(長期)前払費用」の残高がなくなるまで、毎期必要です。

法人決算・申告でお困りの方、初めての決算でこれから準備を始める方へ

お客さまの事業や状況に合わせて、適切なサポートを行う税理士を紹介します。弥生が厳選した豊富な経験と実績のある税理士・会計事務所なので安心です。
まずは弥生にご相談ください!

会計事務所紹介サービス

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク