確定申告、業務の流れ(個人)
経費になるかどうかの判断と経費の計上について

ID:ida806
経費になるかどうか迷う支出があった場合、一般的には事業を運営するために必要な支出かどうかで判断します。

経費として計上する場合の勘定科目は、勘定科目名が経費の内容に則していれば、ご自身で決めた勘定科目名で問題ありません。
前年比較や月々の経費の傾向を正しく見るため、一度使った勘定科目は相当の理由がない限り、毎年継続して使用することが一般的です。

経費の計上は、原則として個々の取引ごとに仕訳します。
ただし、個々の取引の詳細を確認できる経費精算書等の内部資料が作成されている場合、まとめて仕訳して差し支えありません。
消費税課税事業者の場合、仕入税額控除の要件として、取引の日付、相手方の氏名または名称、取引内容の記載が必須となりますので、必ず記載するようにします。

なお、経費になるかどうかや、どの勘定科目で経費に計上すべきかについてお迷いの場合は、所轄の税務署もしくは税理士へご相談ください。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク