確定申告、業務の流れ(個人)
売上は、代金の入金時に売上で処理してはいけませんか?

ID:ida813

帳簿付けは、法人の場合も個人事業主(青色申告、白色申告)の場合も原則、発生主義で処理します。発生主義では、現預金の収受に関わらず取引の発生のタイミングで売上や費用を計上します。
そのため、現預金の入金時ではなく、売上が発生したときに処理する必要があります。

※取引の発生のタイミングで売上や費用を計上する会計原則を「発生主義」、現金の受け渡しの時点で売上や費用を計上する会計原則を「現金主義」といいます。

どうしても入金時に売上を処理したい場合、期中は入金時に売上を処理し、期末に年内の売上で翌年度に入金されるものを「売掛金」で処理する方法もあります。この場合、期末で計上した売掛金が翌年度に入金されたときには、その部分だけ売上を計上せず「売掛金」が入金された処理をします。

個人事業主の場合は現金主義で処理することもできます。※現金主義を適用するには、税務署に届け出が必要です。

詳細は、国税庁ホームページの現金主義による所得計算の特例を受けるための手続 を参照してください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク