確定申告、業務の流れ(個人)
消費税の清算仕訳はどうしたらよいですか?

ID:ida821

消費税の清算仕訳は税抜処理、税込処理のそれぞれで異なります。

1.税抜処理

・中間消費税を支払ったときの仕訳
 中間消費税を支払ったときは、「仮払金」または「仮払消費税等」で仕訳します。

【例】
中間消費税120,000円を現金で支払った

【仕訳】
借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
仮払金120,000円 現金120,000円 中間消費税の支払い

・決算時の清算の仕訳
 決算時の「仮払消費税等」と「仮受消費税等」との清算の仕訳をします。
 中間消費税もこの仕訳で清算します。

【例】
決算時の仮払消費税等の残高200,000円、仮受消費税等の残高400,000円、
確定納付額79,800円の場合

【仕訳】
借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
仮受消費税等400,000円 仮払消費税等200,000円 消費税清算仕訳
仮払金120,000円中間消費税
未払消費税等 79,800円確定納付額
雑収入200円消費税清算仕訳差額
※消費税清算の差額は、「雑収入」または「雑損失」で仕訳します。


・翌期に確定納付額を支払ったときの仕訳

【例】
翌期に前年度で未払計上済みの確定納付額79,800円を現金で支払った

【仕訳】
借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
未払消費税等79,800円 現金79,800円 確定納付額の支払い 

2.税込処理

・中間消費税を支払ったときの仕訳
 中間消費税を支払ったときは、「租税公課」で仕訳します。

【例】
中間消費税120,000円を現金で支払った。

【仕訳】
借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
租税公課 120,000円 現金 120,000円 中間消費税の支払い

・決算時の清算の仕訳
 原則、仕訳不要です。
 ※税込経理の場合は原則として、申告書が提出された日の属する事業年度に経費計上するため、
  納税前の未払分を経費計上しないものになります。
  例外として、決算で未払処理をしたときはその経理をした事業年度で経費計上できます。

 例外として、決算で未払処理をするときは、「未払消費税等」で仕訳します。

【例】
確定納付額を未払計上する(例外の処理方法)

【仕訳】
借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
租税公課79,800円 未払消費税等 79,800円 確定納付額の未払処理

・翌期に確定納付額を支払ったときの仕訳
 原則、翌期に確定納付額を支払ったときは、「租税公課」で処理します。

【例】
翌期に確定納付額79,800円を現金で支払った

【仕訳】
借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
租税公課79,800円 現金 79,800円 確定納付額の支払い 
※決算時の清算仕訳で例外の方法を採用された場合は、借方勘定科目は「未払消費税等」です

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク