確定申告、業務の流れ(個人)
保険金が入金されました。そのときの処理方法はどうしたらよいですか?

ID:ida823

保険金が入金されたときの一般的な処理方法は、法人と個人事業主で違います。

・法人の場合
 入金額を「雑収入」で処理します。
 保険積立金がある場合は、まず保険積立金を取り崩し、差額を「雑収入」で処理します。
 受け取った保険金よりも、保険料積立金が多い場合は、差額を「雑損失」で処理します。

 ※保険の種類(定期保険、逓増定期保険など)および、保険の受取人によって処理が
   変わる場合があります。

・個人事業主の場合
 損害などの補償金の入金であれば、原則 非課税です。確定申告の必要はありません。
 生命保険の満期保険金であれば一時所得になる可能性があります。
 一時所得になる場合は、金額によって確定申告が必要な場合があります。
 死亡保険金を受け取った場合には、保険料の負担者、保険金受取人、被保険者がだれであるかにより
 所得税、相続税、贈与税のいずれかの課税の対象になります。

※法人の場合、個人事業主の場合、共に契約内容などで処理が異なる場合があります。
 不明な場合は、税務署などに確認してください。


メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク