消費税(個人・法人)
売上値引や返品があったときの処理方法

ID:ida987
売上値引や返品には、売上値引や返品を、売上高から直接差し引く処理方法と売上値引や返品を、
売上高とは別の項目に分ける処理方法の2つの処理方法があります。
どちらも認められていますが、消費税の計算方法が異なります。

【例】
売上108,000円から10,800円を値引きした 仕入は54,000円

・売上値引や返品を、売上高から直接差し引く処理方法

値引き分を直接、売上高から差し引きます。

【仕訳】
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
売上高  10,800円 売掛金   10,800円 売上値引 

値引き部分を直接売上から差し引くため、消費税の計算は、下記のとおりです。

売上高 108,000円-10,800円=97,200円  売上にかかる消費税 7,200円
仕入高             54,000円   仕入にかかる消費税 4,000円
納付税額 売上にかかる消費税7,200円-仕入にかかる消費税4,000円=3,200円

・売上値引や返品を、売上高とは別の項目に分ける処理方法

値引き分を直接、売上高から差し引かず、「売上値引」で処理します。

【仕訳】
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
売上値引   10,800円  売掛金   10,800円 売上値引

値引き部分を売上高から差し引かず、売上返還にかかる消費税として仕入にかかる消費税と同様に
税額控除と考えます。
消費税の計算は、下記のとおりです。

売上高  108,000円 売上にかかる消費税         8,000円
仕入高   54,000円 仕入にかかる消費税        4,000円
売上値引  10,800円 値引き(売上返還)にかかる消費税  800円
納付税額 売上にかかる消費税8,000円-仕入にかかる消費税4,000円-値引き(売上返還)に
               かかる消費税800円=3,200円

消費税が一般(本則)課税の場合は、理論上どちらの処理方法でも納付税額は同じですが、
消費税法では売上値引や返品を売上高とは別の項目に分ける処理方法が原則となります。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク