固定資産等の売却収入の事業区分について やよいの白色申告 オンライン サポート情報

ID:ida1436

備品や車両などの固定資産等を売却したときは、売却損益ではなくその売却価額に消費税が課されます。
固定資産等の売却収入の事業区分は第四種事業です。

第四種事業は 第一種事業から第三種事業、第五種事業~第六種事業のいずれにも該当しない事業をいいます。
例えば、飲食サービス業や業務用固定資産を売却する場合などが該当します。

※固定資産等の売却収入は、本業の事業が他の事業区分であっても、その本業の事業と分けて考えます。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク