印刷のずれを調整する方法(専用用紙に印刷する場合) 弥生会計 サポート情報

ID:ida17892

印刷にずれが生じて、すべての項目が専用用紙の枠内に収まらない場合は、[書式の設定]で調整します。以下の手順で印字位置を調整した後、印刷してください。

  • 印刷したい画面を開き、[印刷]をクリックします。
  • [書式]の[▼]をクリックして印刷する専用用紙を選択し、[書式の設定]をクリックします。
  • [用紙/印刷位置]タブから[印刷基準座標の設定]の[印刷位置の調整]をクリックます。

    [印刷基準座標の設定]は、手順2で[書式]に専用用紙を選択した場合に表示されます。専用用紙以外の書式を選択した場合は表示されません。

  • 表示される[テスト印刷の実行]画面で、[次へ]をクリックします。[印刷位置の微調整]が表示されます。
  • [印刷位置を調整する必要がある]を選択し、印刷位置を調整する方向と数値を設定します。例:
    印刷結果が上に3ミリ、右に3ミリずれている。なお、現在[印刷基準座標の設定]では、[横座標]に「11.0」、[縦座標]に「6.5」と設定している。
  • [次へ]をクリックし、[横座標]と[縦座標]の位置を確認します。 (例では[横座標]8.0mm、[縦座標]9.5mmになります。)
  • [決定]をクリックし、[書式の設定]画面を[OK]で閉じた後、ページ指定で1ページ目を指定して、印刷をお試しください。

プリンターの印字領域が用紙印刷範囲より狭い場合には、正しく印刷することができません。
また、プリンターの給紙機構の精度が低い場合や給紙機構の特徴によっては、正常に印刷できないことがあります。

直接[横座標]と[縦座標]の位置を修正する場合

手順3の[印刷基準座標の設定]で[横座標]と[縦座標]の数値を修正してください。(例では[横座標]「8.0」、[縦座標]「9.5」と入力します。)

[横座標]の数値を増やすと左余白が広くなり、印字開始位置が右に移動します。逆に、数値を減らすと左余白が狭くなり、印字開始位置が左に移動します。

[縦座標]の数値を増やすと上余白が広くなり、印字開始位置が下がります。逆に、数値を減らすと上余白が狭くなり、印字開始位置が上がります。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク