仕訳や勘定科目の悩み・疑問を解決 (仕訳アドバイザーの使い方) 弥生会計 サポート情報

ID:ida17996

『弥生会計(やよいの青色申告)』には、勘定科目についての説明や仕訳例を説明する仕訳アドバイザーがあります。「法人/一般」または「個人/一般」の場合は、仕訳アドバイザーの仕訳例から伝票を作成できます。
ここでは、「ソフトウェアのサポート契約料」の科目がわからない場合を例として説明します。

仕訳アドバイザーでは、一般的な経理処理方法について解説しています。

経理事務は多種多様であり、仕訳アドバイザーの内容が絶対的ではありません。自社の状況に適した経理処理を行ってください。

  • [ヘルプ]メニューの[仕訳アドバイザー]をクリックします。
  • [Point1 豊富なデータベースから、仕訳や科目について調べることができます!]の[仕訳例を探す]をクリックします。
    ※上図はオンラインモードの画像です。
  • 検索文字を入力します。 ここでは「サポート」と入力して[検索する]をクリックします。
  • [「サポート」を含む仕訳例の一覧]画面が表示されます。 該当する[仕訳例]をクリックします。
  • 手順4で選択した仕訳例が表示されます。そのまま伝票を作成する場合は、[仕訳作成]をクリックします。 [振替伝票]画面が表示されるので、[金額]と必要事項を入力して仕訳を登録します。

    [仕訳アドバイザー]の[仕訳作成]により、作成された仕訳の税区分が、[仕訳アドバイザー]の[仕訳例]に記載している内容とは、異なる場合があります。必要に応じて、伝票登録前に修正してください。

    [仕訳作成]をクリックすると、[勘定科目マッチングリスト]画面が表示されることがあります。

    仕訳例で使用している科目を[科目設定]画面で削除した場合や科目名称を変更している場合、[仕訳作成]をクリックすると、[勘定科目マッチングリスト]ダイアログが表示されます。
    既存の科目を使用する場合は、[方法]で[変換]を選択し、[変換勘定科目]の[▼]をクリックして仕訳例の科目を弥生会計のどの科目に変換するかを指定します。
    勘定科目を新規に追加したい場合は、[方法]で[作成]を選択し、科目の[追加先区分]を指定します。

    お勧めの[検索文字]

    • [クレジットカード払い]の仕訳例を表示させたい場合は、検索文字に「クレジット」と入力します。
    • [税理士の顧問料]の仕訳例を表示させたい場合は、検索文字に「顧問」と入力します。
    • [海外から商品を輸入した]場合の仕訳例を表示させたい場合は、検索文字に「輸入」と入力します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク