取引で使用する科目が見当たらない 弥生会計 サポート情報

ID:ida18076

仕訳を入力する際に使用したい勘定科目が存在しない場合は、新しい科目を追加します。
ここでは、損益計算書の[販売管理費]区分または[経費]区分に、[研修費]という勘定科目を追加する場合を例に説明します。

勘定科目を追加する場合の区分には十分注意してください

[資産科目]を[負債]の区分に追加したり、[収益科目]を[経費]の区分に追加したりすると決算書を正しく出力できなくなります。

  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[科目設定]をクリックします。
  • 勘定科目を追加したいタブ([貸借科目][損益科目]など)と科目区分を選択します。 ここでは、[損益科目]タブを選択し、[販売管理費]または[経費]区分を選択します。
  • [勘定作成]をクリックします。
  • 作成する勘定科目の名称を全角12文字以内で入力します。 ここでは、勘定科目名に「研修費」と入力します。


    ※法人の場合のみ[決算書項目]を選択します。
    初期値である「勘定科目名に合わせる」を選択した場合は、登録する勘定科目と同じ名称の決算書項目を自動的に登録します。

    ※個人の場合
    青色申告決算書に表示されている科目(決算書項目)以外の勘定科目は「その他経費」「その他の資産」「その他の負債」にまとめて集計されます。

    全角7文字以上の名称で登録した場合、印刷書式によって文字が縮小される場合があります。

  • [登録]をクリックします。 区分内の一番下に勘定科目が追加されます。
仕訳で入力した科目・部門・税区分を一括で修正できますか?

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク