消費税申告[(2)消費税額]の金額が極端に少ない 弥生会計 サポート情報

ID:ida18136

消費税申告[(2)消費税額]の金額が極端に少ない場合に、考えられる原因として、決算時に登録する消費税清算仕訳に問題がある場合があります。消費税の経理方式が「税抜」の場合、決算時に登録する消費税清算仕訳を入力します。

「仮受消費税(仮受消費税等)」「仮払消費税(仮払消費税等)」の税区分の選択が誤っている場合、消費税申告の消費税額が正しく計算されません。(消費税額が0円になることもあります)消費税清算仕訳の「仮受消費税(仮受消費税等)」「仮払消費税(仮払消費税等)」の税区分は必ず「対象外」で登録する必要があります。

消費税申告の消費税額が極端に少ない場合は、下記の手順で消費税の清算仕訳を表示し、「仮受消費税(仮受消費税等)」「仮払消費税(仮払消費税等)」の「税区分」を確認し必要に応じて「対象外」に修正してください。

「仮受消費税等」「仮払消費税等」の勘定科目を使用している場合でも、以下の内容を読み替えて確認してください。
  • クイックナビゲータの[決算・申告]カテゴリから[総勘定元帳]をクリックします。
  • [勘定科目]で「仮払消費税(仮払消費税等)」を選択して消費税の清算仕訳を表示し、ダブルクリックします。[税抜/税込切替]を「税込」に切り替えると「仮払消費税(仮払消費税等)」の勘定科目を利用して登録した取引だけが表示されるため、清算仕訳を探しやすくなります。

    [振替伝票]画面に消費税の清算仕訳が表示されます。
  • 「仮受消費税(仮受消費税等)」「仮払消費税(仮払消費税等)」の税区分を[対象外]に修正して、[登録]をクリックします。
  • クイックナビゲータの[決算・申告]カテゴリから[消費税申告書作成]をクリックします。
  • [申告基礎]をクリックして、[データ取込]をクリックします。 「[消費税集計表]からデータを取り込みます。よろしいですか?」のメッセージが表示されますので、[はい]をクリックします。
  • [戻る]をクリックして、消費税申告の消費税額が正しく計算されていることを確認します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク