所得税確定申告書Bで第一表、配偶者(特別)控除額が表示されない 弥生会計 サポート情報

ID:ida18251

第一表の[配偶者(特別)控除]について控除額が表示される条件は以下のとおりです。

  • あなた(居住者)の合計所得金額が1000万円以下の場合
    合計所得金額が1,000万円を超えている場合は、配偶者控除及び配偶者特別控除は受けられません。
  • 配偶者の合計所得金額が123万円以下の場合
    配偶者の合計所得金額が123万円を超える場合は、配偶者控除及び配偶者特別控除は受けられません。
    詳細は、国税庁ホームページの平成30年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引きの「配偶者(特別)控除」を参照してください。
  • [第四表]を使用してしていない場合
    第四表を使用している場合は[所得金額]の合計がマイナスのため、所得控除ができません。そのため[所得から差し引かれる金額](10)~(23)は表示されません。
    詳細は、 医療費、社会保険料、配偶者などの控除金額が[所得から差し引かれる金額]欄に反映しない を参照してください。
    ※ただし、事業所得は赤字でも株式等の所得で黒字の場合は[所得から差し引かれる金額](10)~(23)が表示される場合があります。

所得税確定申告書Bで第一表、配偶者(特別)控除の区分について

第一表の[配偶者(特別)控除]区分は、配偶者特別控除の対象となる場合のみ「1」と表示されます。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク