月末締、翌月支給の給与なので住民税の徴収を「7月度給与」から開始したい 弥生給与 サポート情報

ID:ida19331

6月度支払給与から住民税額を変更する場合は、[簡易設定]で[6月]と[7月以降]の住民税額を設定することができます。
月末締め・翌月支給などで7月度支払給与から住民税額を変更する場合は、以下の方法で設定を行います。

現在の給与の[処理月度]が「6月度」の場合

  • クイックナビゲータの[給与支払]カテゴリから[処理月度]をクリックして「6月度給与」であることを確認します。
  • [次月度に更新]をクリックして、給与の処理月度を「7月度給与」に更新します。
    「6月度給与」の状態のまま税額を更新すると、6月度の住民税額が変更されます。
    ご注意ください。
  • クイックナビゲータの[給与支払]カテゴリから[従業員]をクリックします。
  • [住民税]タブの[月割額]から[簡易設定]を選択して、市町村から通知された7月以降の住民税額を「6月」と「7月以降」の両方に入力します。
  • [月割額]から[月別設定]選択して、[7月]の金額のみを6月分の住民税額に変更します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク