1人の従業員に複数の時間給単価を設定する方法 弥生給与 サポート情報

ID:ida19369

1人の従業員に複数の時間給単価を設定するには、自動計算させる手当の項目を単価ごとに作成する必要があります。
ここでは、午前勤務(単価:1,100円)と午後勤務(単価:1,150円)で時間給が異なる場合を例に説明します。

  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[明細項目]をクリックします。
  • [支給区分]で[給与]、[項目グループ]では[勤怠]を選択します。
  • [作成]をクリックして、名称に[午前時間]と入力し、単位から[時間]を選択します。 (このとき、[特殊設定]のチェックは付けません。
  • [OK]をクリックします。
  • [項目グループ]を[支給]に切り替えて[作成]をクリックします。
  • 名称に「午前手当」と入力して[OK]をクリックします。 ([特殊設定]のチェックは付けません。
  • 作成した明細項目の[一般]タブを開き、[使用する支給形態]から必要な支給形態にチェックを付けます。
  • [『支給項目』としての設定]で属性から[単価×時間×倍率]を選択して、[課税][賃金]等の必要な部分にチェックを付けます。
  • [計算式]タブを開き、以下の設定を行います。 [集計方法]:加算
    [単価の種類]:固定単価
    [時間]:午前時間
    [倍率]:1.000
  • クイックナビゲータの[給与支払]カテゴリから[従業員]をクリックします。
  • 「午前手当」の明細項目を使用する従業員を選択し、[単価]タブを開きます。 作成した項目(「午前手当」)の単価(1,100円)を入力します。
  • クイックナビゲータの[給与支払]カテゴリから[明細入力]をクリックします。
  • 明細入力画面で「午前時間」に時間を入力すると、「午前手当」が自動計算されることを確認します。
  • 「午後手当」の明細項目も手順1~13と同様の作業を行います。


給与明細書の印刷では「午前手当」と「午後手当」を「基本給」として合算して表示する場合

  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[明細項目]をクリックします。
  • [支給区分]で[給与]、[項目グループ]では[支給]を選択して、[表示]から「基本給」を選択します。
  • [一般]タブの[『支給項目』としての設定]の[集計対象]で、「午前手当」と「午後手当」にチェックを付けます。
  • クイックナビゲータの[給与支払]カテゴリから[明細入力 明細書の印刷]をクリックします。 明細書では、「午前手当」と「午後手当」が別々に表示されていますが[イメージ]をクリックすると、実際の印刷イメージが表示され、[基本給]として「午前手当」と「午後手当」の合算した金額が印字されます。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク