退職者が明細入力画面に表示される 弥生給与 サポート情報

ID:ida19373
[就業状況]が「退職」に設定されている従業員でも、退職日付が「給与処理月度」の期間に含まれている場合は、給与の明細入力画面に表示されます。
退職者の給与明細が必要ない場合は、明細入力で金額をすべて「0」と入力するか、退職日付を給与計算の期間より前に変更する必要があります。

退職日付を給与計算の期間より前に設定する方法 

  • クイックナビゲータの[給与支払]カテゴリから[従業員]をクリックします。
  • 退職する従業員を一覧から選択し、[一般]タブを選択します。
  • [就業状況]の[変更]をクリックします。 表示された[就業状況]から[退職年月日]の日付を前月の[締切日]以前に変更します。

    例えば、図のように[退職年月日]が6月30日で、[締切日]の設定が毎月「20日」 の場合、6月中に退職していても[7月度給与]の明細書画面には表示されます。

    7月度給与 対象期間:6月21日~7月20日
    →退職年月日「6月30日」はこの対象期間に含まれるため「7月度給与」に表示されます。

    [7月度給与]を支給しない場合には、退職年月日を締切日(6月20日)以前の日付に変更する必要があります。

    ※退職者の個人番号(マイナンバー)の保管制限や廃棄については以下を参照してください。
    マイナンバーを削除する方法

退職者の源泉徴収票を出力する際は、設定している退職年月日が印刷されます。
ご注意ください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク