算定基礎届に表示される[基礎日数]を「締切日基準」で表示したい 弥生給与 サポート情報

ID:ida19403

従業員が[月給制]または[日給月給制]の場合、[算定基礎届]画面に表示されている[基礎日数]は[暦日基準]または[締切日基準]で計算されています。

  • 暦日基準
    給与の締切日に関係なく支払基礎日数の計算月の暦日を1か月として計算
    例:5月の支払基礎日数は、5月の暦日数の「31日」です。
  • 締切日基準
    給与の締切日から次の締切日までを1か月として計算
    例:15日締めの場合は、5月の支払基礎日数は、4月16日~5月15日までの「30日」です。
支払基礎日数を[暦日基準]ではなく[締切日基準]で計算する場合は、[給与規定]の[支払基礎日数]を[締切日基準]に変更します。
  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[給与規定]をクリックします。
  • [社会保険]タブをクリックします。
  • [支払基礎日数]を[暦日基準]から[締切日基準]に変更します。
  • クイックナビゲータの[社保改定]カテゴリから[算定基礎届の作成]をクリックします。
  • [集計]をクリックし、[前回の集計結果を破棄して、最新の状態に更新する]を選択して[OK]をクリックします。
  • [基礎日数]が締切日基準で集計されます。

[前回の集計結果を破棄して、最新の状態に更新する]を選択して集計すると、算定基礎届で手修正した内容は破棄されます。

支払基礎日数の計算方法

月給制:暦日基準または締切日基準
日給月給制:暦日基準または締切日基準から欠勤基礎日数を差し引いた日数
日給制・時間給制:出勤基礎日数

出勤基礎日数
[社会保険支払基礎日数での扱い]で[出勤日]を選択した勤怠項目の日数合計
欠勤基礎日数
[社会保険支払基礎日数での扱い]で[欠勤日]を選択した勤怠項目の日数合計

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク