育児休業中の従業員の[算定基礎届]を作成する方法 弥生給与 サポート情報

ID:ida19411

育児休業中で、算定基礎届の対象となる4、5、6月の3か月とも支払基礎日数が17日未満になり、かつ報酬をまったく受けていない場合には、従前の標準報酬月額で決定することとされています。

しかし『弥生給与(やよいの給与計算)』の[算定基礎届]では、報酬月額の平均額により標準報酬月額が決定されます。
そのため、育児休業中により従前の標準報酬月額で決定する従業員は、修正が必要になります。

[従業員<個人別>]の[社保]タブにある[産前産後・育児休業]のチェックは、社会保険料控除の免除と[社会保険料集計表]の集計に使用されます。

  • クイックナビゲータの[社保改定]カテゴリから[算定基礎届の作成]をクリックします。
  • [集計]をクリックします。
  • 育児休業中の従業員の行をダブルクリックするか、行を選択して[修正]をクリックします。

  • [修正平均]を従前の標準報酬月額に修正します。必要に応じて[基礎日数]も修正します。

  • [OK]をクリックします。

[月額変更届]を作成する場合も同様に、[月額変更届]の[報酬月額編集]画面で修正してください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク