源泉徴収票に前職の事業所名と住所を印刷したい 弥生給与 サポート情報

ID:ida19642

源泉徴収票の[摘要]欄に自動で表示、印刷されるのは以下の内容となり、番号順の優先順位で表示・印刷されます。

  • 5人目以降の扶養親族の情報
    扶養親族のうち、年少扶養親族の場合は(年少)、非居住者の場合は(非居住者)と表示される
  • 配偶者特別控除の対象となる配偶者の情報
    非居住者の場合は(非居住者)と表示される
  • 3回目以降がある場合の住宅借入金等特別控除の居住開始年月日、区分、年末残高
  • 前職分の支給額や源泉所得税額

前職分の事業所名や住所を印刷するには、直接[摘要]欄に入力します。

操作の前に、年末調整ナビの対応年度を確認してください。
平成30年分の年末調整に対応しているか確認したい
  • 年末調整ナビの[帳票を印刷しよう]から[源泉徴収票/給与支払報告書](または[年末調整メニュー]の[源泉徴収票/給与支払報告書])をクリックします。
  • [摘要]欄に印刷したい事業所名や住所を入力します。 入力できる文字数は1行につき全角64文字(半角128文字)です。文字数の制限以内で入力してください。

「平成30年分 給与所得の源泉徴収票」の様式について

配偶者控除および配偶者特別控除の法令改正に伴い、配偶者に関する記載事項が変更され、配偶者の情報に関する各欄が変更されました。

詳細は、平成30年分 源泉徴収票の様式が公開されました を参照してください。

5人目以降の扶養親族(16歳未満の扶養親族)の、マイナンバーの表示(印字)について

[源泉徴収票/給与支払報告書]画面の[摘要]欄に手入力すると、5人目以降の控除対象扶養親族(16歳未満の扶養親族)のマイナンバーが、帳票に表示(印字)されません。

対象の帳票と項目は次のとおりです。

源泉徴収票(税務署提出用):「備考」欄
給与支払報告書(個人別明細書):「5人目以降の控除対象扶養親族の個人番号」「5人目以降の16歳未満の扶養親族の個人番号」欄

この場合は、以下どちらかの方法で対応していただきますようお願いします。

  • [源泉徴収票/給与支払報告書]画面の[摘要]欄を「自動設定」の状態に戻して、印刷した源泉徴収票(または給与支払報告書)の「摘要」欄に、追加したい情報を手書きする。
  • [源泉徴収票/給与支払報告書]画面の[摘要]欄に追加したい情報を手入力して、印刷した源泉徴収票(または給与支払報告書)に、5人目以降の控除対象扶養親族(16歳未満の扶養親族)のマイナンバーを手書きする。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク