請求書を売上額や請求額などの条件で絞り込んで発行したい 弥生販売 サポート情報

ID:ida20272
[請求書発行]の[機能設定]で請求額や売上・入金状況などの条件を設定することにより、請求書を発行する請求先を選択できます。
[支払書発行]で条件を絞り込んで集計したい場合は[売上]を[仕入]、[請求]を[支払]、[入金]を[出金]に読み替えて作業を行ってください。
※『弥生販売 スタンダード』には仕入、支払、出金機能はありません。

  • 請求書を発行するには先に[請求締切]を行ってください。

  • [請求書発行]画面の集計単位が[請求先毎]を選択している場合に、設定が有効になります。
    [請求先合算毎]では設定は無効になります。
[請求書発行]の[機能設定]画面には3つのチェックボックスと7パターンのプルダウンメニューがあります。
これらを組み合わせて必要な請求先のみを集計します。

<[機能設定-請求書発行]の3つのチェックボックス>

  • 今回請求額がプラス
  • 今回請求額がゼロ
  • 今回請求額がマイナス

<チェックボックスごとに選択するプルダウンメニュー>

  • であるすべての
  • で売上額または入金額がある
  • で売上額がある
  • で入金額がある
  • で売上額、入金額ともにない
  • で売上額のない
  • で入金額のない

ここでは例として、今回請求額にかかわらず売上があった請求先の集計を行います。

  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[請求書の発行]をクリックします。
  • [機能]をクリックします。
  • [今回請求額がプラス][今回請求額がゼロ][今回請求額がマイナス]の3つにチェックを付け、[▼]をクリックして[で売上額がある]を選択して、[OK]をクリックします。 ※請求書金額の発行金額パターンを確認して、必要なパターンを当てはめて[▼]をクリックして選択します。
  • [請求書発行]画面で[締グループ][締日]を指定して、[集計]をクリックします。 請求締切を行った請求先のうち、手順3で選択した条件に該当する請求先のみ集計されます。
    ※例では、下記の請求書に集計される金額パターン のうち[パターン1、2、5、6、9、10]の請求先が集計されます。
  • [印刷]をクリックして、印刷範囲や書式の設定を行います。
  • [印刷実行]をクリックして請求書を印刷します。

請求書に集計される金額パターン

【請求書に集計される金額のパターンは以下の12パターンになります】
  • 入金額・・・入金伝票を登録すると金額が反映されます。
  • 今回売上額・・・売上伝票を登録すると金額が反映されます。
  • 今回請求額・・・[前回請求額]-[入金額]+[今回売上額]で計算されます。


請求書発行画面の機能設定で集計されるパターンは以下のとおりです。
※数字は上記のパターンの番号です。

請求締切一覧表の[機能設定]でも同様に設定を行い、集計できます。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク