既に登録している台帳コードを変更したい 弥生販売 サポート情報

ID:ida20278
[得意先コード][仕入先コード][商品コード]は[コード変更]の機能を利用してコードを変更できます。コード変更を行うと、過去のデータ(伝票やレポートなど)もすべて新しいコードに書き換わります。

※『弥生販売 スタンダード』には仕入機能はありません。

[得意先][仕入先][商品]以外の台帳は、登録後にコードの変更ができません。

  • [コード変更]は、台帳や伝票などのすべての画面を閉じた状態で行ってください。
  • [コード変更]は伝票の枚数が多い場合など、データによっては時間がかかることがあります。そのため業務に差し支えのない時間に行ってください。
  • 『弥生販売』をネットワーク環境で運用されている場合、他のクライアントで『弥生販売』が起動しているとコードを変更できません。
    必ず、作業を行うコンピューター以外のクライアントで、『弥生販売』を終了させてからコード変更を行ってください。
ここでは得意先コードの変更手順を例に説明します。商品コード、仕入先コードの変更を行う場合は、それぞれ読み替えて作業を行ってください。
  • [台帳]メニューの[コード変更]-[得意先台帳]をクリックします。
  • コード変更画面の[・・・]をクリックします。

  • [参照]画面で変更したいコードを選択して、[OK]をクリックします。
  • [新しいコード]に変更したい新しいコードを入力します。

  • [実行]をクリックします。
  • 「コードを変更しました。」のメッセージが表示されるので、[OK]をクリックします。

  • 英字の「大文字」と「小文字」は区別されません。変更しようとすると「現在のコードと新しいコードが同じです」とメッセージが表示されます。

    同じ台帳内で重複するコードに変更することはできません。変更しようとすると「既に存在するコードには変更できません」とメッセージが表示されます。
  • [コード変更]画面に戻ります。 続けてコード変更を行う場合は手順2~手順6を繰り返してください。  
    コード変更を終了する場合は[閉じる]をクリックし、[コード変更]画面を閉じてください。
  • 台帳や伝票でコードが変更されたことを確認してください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク