[今回の締切]の手順 弥生販売 サポート情報

ID:ida20280
取引先の請求締切や支払締切とは別に、自社の作業管理のために[今回の売上締切][今回の入金締切][今回の仕入締切][今回の出金締切]の処理を行います。
[今回の○○締切]を行うと、直近の締切を行った時点を基準に、前回の締切から今回の締切まで、または今回の締切以降に追加、修正、削除した伝票の内容を集計することができます。

集計できるのは、レポートの各明細表、日報と仕訳作成です。

売上伝票は[今回の売上締切]、入金伝票は[今回の入金締切]、仕入伝票は[今回の仕入締切]、出金伝票は[今回の出金締切]で締切処理を行います。
※『弥生販売 スタンダード』には「今回の仕入締切」、「今回の出金締切」の機能はありません。
ここでは[今回の売上締切]の手順を説明していますが、[今回の入金締切][今回の仕入締切][今回の出金締切]も同様の手順で行います。
  • [売上]メニューから[今回の売上締切]をクリックします。
  • [締切状況]を確認します。 前回最後に締め切られた売上伝票と、今回入力した最後の売上伝票が表示されます。
  • [今回の締切実行日]に締切を行う日付を入力します。
    ※初期値で表示されている日付は、今回入力した最後の売上伝票の日付です。
    ※ここで入力する「締切実行日」は履歴を残すためのものです。締切を行う範囲とは関係ありません。
  • [締切実行]をクリックします。
  • 手順3で入力した日付が[前回の締切実行日]に反映します。

レポート、仕訳作成で集計する際は[前回締切以降]、[前回の締切分]のいずれかを選択します。
  • [前回締切以降]
    [今回の○○締切]を行ってから以降の入力内容が集計されます。
  • [前回の締切分]
    前回[今回の○○締切]を行ってから今回[今回の○○締切]を行うまでの入力内容が集計されます。

レポート、仕訳作成での集計手順

  • 明細表
    • [○○明細表]画面で[条件設定]をクリックします。
    • [集計]タブの[順序]で[入力]を選択します。
    • [期間]タブで[任意の締切]を選択します。
    • [前回締切以降]または[前回締切分]を選択して、[OK]をクリックします。
  • 日報
    • [○○日報]画面で[条件設定]をクリックします。
    • [期間]タブで[任意の締切]を選択します。
    • [前回締切以降]または[前回締切分]を選択して、[OK]をクリックします。
  • 仕訳作成
    • [仕訳作成]画面で[条件設定]をクリックします。
    • [出力範囲]で[任意の締切毎]を選択し、[OK]をクリックします。
    • [締切]欄で[前回締切以降]または[前回締切分]を選択して、[集計]をクリックします。
  • [締切取消]では最後に行われた締切を1回限り取消できます。過去にさかのぼって2回以上の締切を取り消すことはできません。
  • [今回の○○締切]を行うと、締切に含まれる伝票で使用されている取引先や商品は、伝票を削除しても台帳から削除できなくなる可能性があります。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク