旧製品の環境設定を、最新バージョンの『弥生販売』へコンバート(変換)する方法 弥生販売 サポート情報

ID:ida20305

最新バージョンの『弥生販売』を、旧製品(※)と同じコンピューターにインストールした場合、[環境設定コンバート]を行うことにより、 旧製品の印刷設定や伝票画面での機能設定を、最新バージョンの『弥生販売』へ移行できます。
[環境設定コンバート]で旧製品から移行できる設定内容は、以下のとおりです。

環境設定 [オプション]メニューの[環境設定]で設定した情報
印刷の設定 各種伝票やレポートの[印刷]画面、印刷の[書式設定]-[ヘッダー・余白]タブで設定した情報
※[書式設定]は[ヘッダー・余白]タブ以外のタブの情報はコンバートできません。
機能設定 各種伝票の[機能設定]画面で設定した情報
※『弥生販売 18』より[在庫確認]の「項目の表示・非表示」設定ができなくなるため、環境コンバートで移行しません。
各台帳参照の表示順
台帳リストの表示順
台帳の[参照]画面での表示順の設定情報
台帳リストでの表示順の設定情報
画面のサイズ、位置 各種台帳や伝票のサイズ、画面表示の位置
  • (※)・・・環境設定コンバート対象の旧製品は、『弥生販売 20~14』です。対象外の旧製品は[環境設定コンバート]を行えませんので、必要に応じて設定し直してください。
  • 環境設定の内容は、Windowsログオンユーザーごとに異なります。1台のコンピューターを複数のWindowsログオンユーザーで利用している場合は、ログオンユーザーごとに環境設定の取り込みが必要です。

    <複数のログオンユーザーで使用しているかわからない場合>
    コンピューターを起動する際に、ユーザーの選択やユーザー名の入力を行っていない場合は、複数のログオンユーザーで使用していません。
  • 事業所データを複数作成している場合、現在選択されている事業所データの環境設定が移行されます。環境設定を移行したい事業所データが異なる場合は、[ファイル]メニューから[開く]で環境設定を移行したい事業所データを選択してから、以下の操作を行います。
  • 『弥生販売』の環境設定の内容は、弥生販売のユーザー名ごとに異なります。弥生販売のユーザー管理機能を使用して複数のユーザー名を設定している場合や、複数の暗証番号を設定している場合は、ユーザー名ごとまたは暗証番号ごとに環境設定の取り込みが必要です。
  • 最新バージョンの『弥生販売』を起動します。
  • [ツール]メニューから[環境設定コンバート]-[環境設定取り込み]をクリックします。
  • 「取り込み方法の選択」から[このコンピューターの旧製品の設定を、現在使用中の弥生販売 ** に取り込む]を選択して、[次へ]をクリックします。
  • 「製品種類の選択」で旧製品の『弥生販売』を選択して、[次へ]をクリックします。
  • [開始]をクリックします。 ※[ユーザーアカウント制御]の画面が表示されたら、[はい]または[続行]をクリックします。
  • [完了]をクリックして、環境設定の取り込みを終了します。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク