返金が発生した場合の入力方法 弥生販売 サポート情報

ID:ida20510

次のような場合には、入金伝票をマイナス金額で入力して返金処理を行います。
ここで説明するのは請求→入金→返金の場合です。

  • 請求額より多く入金され過入金となった。入金額と返金額をそれぞれ『弥生販売』の伝票に登録したい。
  • 得意先への請求・入金後に返品が発生したため、返金を行いたい。

自社が支払った金額が過払いで、仕入先より返金があった場合、出金伝票で同じように処理を行うことができます。
※出金伝票は『弥生販売 スタンダード』にはありません。


2月25日に「A002:厚木産業 株式会社」に現金で¥10,000返金する場合を例に説明します。
  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[請求先からの入金]をクリックします。
  • 伝票日付を「2月25日」と入力して、返金を行う取引先のコードを[請求先]に入力します。
  • [入金区分]欄で返金した方法を選択して(今回は[現金])、金額の欄に-10,000と入力します。

    返金であることがわかるように[入金内容]欄をクリックして「○月請求分過入金」などと入力することができます。

  • [登録]をクリックして、入金伝票を登録します。

印刷条件の設定

返金の入金伝票を請求明細書の明細に印刷するためには、請求明細書の印刷条件を設定します。

ここでは[請求書発行]画面の印刷設定を例に説明します。
[請求明細書]画面でも同じ設定で入金明細を印刷できます。
  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[請求書の発行]をクリックします。
  • [集計単位]の[▼]をクリックして、[請求先毎]または[請求書合算毎]を選択します。
  • 請求書を発行する[締グループ]と[締日]を設定して、[集計]をクリックします。
  • [印刷]をクリックして、[書式の設定]をクリックします。
  • [請求明細書印刷条件]タブをクリックします。 [印刷条件-共通]の[入金明細を印字する]にチェックをして[OK]をクリックします。

    [売上金額を今回請求額にする]と一緒にチェックを付けることはできません。

  • [印刷実行]をクリックして、印刷します。

『弥生販売』から『弥生会計』へ仕訳転送を行っている場合は、下記の注意事項をご確認ください。
  • 振込手数料は『弥生会計』へ仕訳転送後、『弥生会計』で仕訳を追加してください。
  • 返金用の[入金区分]を作成すると、正しい勘定科目や税区分で仕訳を転送できないことがあります。
    転送時の勘定科目および税区分の確認方法は 弥生会計との仕訳連動について を参照してください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク