白紙用紙に見積書・納品書・請求書・領収証を印刷したい やよいの見積・納品・請求書 サポート情報

ID:ida20533
『やよいの見積・納品・請求書』でA4白紙に罫線付きで印刷するには、以下のどちらかの手順で行います。


以下で、それぞれの手順を確認してください。

あらかじめ用意されているA4白紙に罫線付きで印刷できるレイアウトを使用する

『やよいの見積・納品・請求書』ではA4白紙に罫線付きで印刷できる以下のレイアウトを用意しています。

帳票種別 レイアウト名
見積書 見積書A4(縦)
見積書A4(縦)カラー青
見積書A4(縦)カラー緑
納品書 納品書A4(縦)
納品書A4(縦)カラー
請求書 請求書A4(縦)
請求書A4(縦)カラー
請求明細書 請求明細書A4(縦)
請求明細書A4(縦)カラー
合計請求書 合計請求書A4(縦)
合計請求書A4(縦)カラー
領収証 領収証B5(縦)
領収証B5(縦)カラー

例として[納品書A4(縦)]のレイアウトを利用して、印刷する手順を説明します。
その他の帳票を印刷する場合は、読み替えて作業を行ってください。

請求明細書(合計請求書)のレイアウトを編集する場合は、請求明細書(合計請求書)の印刷画面を表示してから、操作を行ってください。
  • [メニュー]タブの[日常業務]カテゴリから[納品書・請求書の作成]をクリックします。
  • [レイアウトオプション]の[レイアウト]タブから[納品書A4(縦)]を選択します。
    編集したレイアウトを通常使用するレイアウトに指定するには[通常使用するレイアウトの設定]を行ってください。詳細は、 毎回同じレイアウトで見積書や納品書、領収証を作成したい を参照してください。
  • 納品書に、商品名、数量、金額など必要な項目を入力して、帳票を作成します。
  • 入力が完了したら[印刷]をクリックして、[印刷実行]をクリックします。
編集したレイアウトを通常使用するレイアウトに指定するには、[通常使用するレイアウトの設定]を行ってください。
詳細は、 毎回同じレイアウトで見積書や納品書、領収証を作成したい を参照してください。

任意の帳票を基にしてA4白紙に罫線付きで印刷できるようレイアウト編集を行う

例として[弥生 334401 納品書・請求書]の帳票を利用する手順を説明します。
その他の帳票を印刷する場合は、読み替えて作業を行ってください。
  • [メニュー]タブの[日常業務]カテゴリから[納品書・請求書の作成]をクリックします。
  • [レイアウトオプション]パネルの[レイアウト]タブから、編集する帳票のレイアウトテンプレートをクリックして、[編集]をクリックします。 レイアウト編集画面が表示されます。
  • 「専用用紙のレイアウトを編集しようとしています」のメッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。
  • [変更を保存する]をクリックします。
  • 保存するレイアウトテンプレートの名前を入力します。 基にしたレイアウト名が後からでもわかるように、レイアウト名の先頭にわかりやすい名前を入力して、[OK]をクリックします。
編集したレイアウトを通常使用するレイアウトに指定するには、[通常使用するレイアウトの設定]を行ってください。
詳細は、 毎回同じレイアウトで見積書や納品書、領収証を作成したい を参照してください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク