顧客台帳の項目で常に同じ内容を入力する方法 やよいの顧客管理 サポート情報

ID:ida20674
「顧客台帳」に毎回入力する項目は、あらかじめ初期値として登録しておくことができます。
この[顧客台帳]の初期値を「既定値」といいます。

勤務先が同じ顧客や、同じ住所の家族など、既に登録されている顧客情報をコピーして新しい顧客を登録したい場合などに、「既定値」機能を使用します。[顧客台帳]を新規入力する際に、あらかじめ登録した内容が表示され、登録作業を省力化することができます。

既定値として登録できるのは[基本情報]と[住所情報]です。[画像]や[拡張情報]は登録できません。
[住所情報]は[自宅][会社][その他]の3種類すべての内容が登録されます。
  • クイックナビゲータの[履歴/予定]カテゴリの[顧客台帳]をクリックします。
  • [新規]をクリックして、台帳を新規入力の状態にします。
  • 既定値にしたい項目に必要事項を入力します。

    ここでは例として、以下の項目を既定値として入力(選択)しています。

    • 性別:女性
    • 連絡先:自宅
    • 連絡方法:携帯電話
    • URL:http://

    項目を移動する際に「台帳を登録するには、「コード」が入力されている必要があります。」とメッセージが表示される場合があります。

    このメッセージは「顧客台帳」登録に必要な項目[コード]の入力を飛ばして他の項目を入力しようとした場合に出るメッセージです。
    ここでは既定値を登録するために入力するので[OK]をクリックして入力を続けます。
  • [編集]メニューの[既定値の登録]をクリックします。
  • 以下の「既定値」画面が表示されます。 [現在のデータを既定値として登録]をクリックすると、現在表示されている内容が既定値として登録されます。
  • 「既定値を登録しました。」と表示されます。 [OK]をクリックします。
  • [新規]をクリックします。「編集中の内容を破棄します。よろしいですか?」とメッセージが表示されます。 [はい]をクリックします。
  • 「既定値」に登録した項目が、初期値として表示されます。 [コード][氏名]などを入力し、顧客を登録してください。

登録した[既定値]を削除したい場合は以下の手順で削除します。

  • クイックナビゲータの[履歴/予定]カテゴリの[顧客台帳]をクリックします。
  • [編集]メニューの[既定値の登録]をクリックします。
  • 以下の既定値画面が表示されます。
    [現在の既定値データを削除]をクリックすると「既定値を削除しました。」とメッセージが表示されます。
    [OK]をクリックすると登録していた既定値の情報が消去されます。
  • [新規]をクリックして、何も入力されていない台帳が表示されることを確認します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク