しばらく来店のない顧客へ案内を出したい やよいの顧客管理 サポート情報

ID:ida20683
しばらく来店のない顧客に来店促進の案内を送りたい場合、[RFM集計表]を利用して該当の顧客を抽出します。
以下では、美容室を例に最終来店日から2~3か月経過した顧客の抽出からメール送信までの手順を説明します。

Rスコアを設定する

※Rスコアとは、RFM分析の指標の1つで、顧客が最後に購入した日から何日経過したかを見る「Recency(リセンシー:購入後経過日)」のことです。

  • クイックナビゲータの[履歴/予定]カテゴリから[RFM分析]をクリックします。
  • [集計]をクリックします。
  • 検索画面の[履歴/予定情報]タブ-[日付]の[使用]にチェックを付けて、集計したい期間を選択します。
  • 「集計(購買後経過日、購買回数、購買金額合計)の初期値が再計算されます」のメッセージが表示されたら、[OK]をクリックして集計を実行します。
  • [Recency(購買後経過日)]タブをクリックしてスコアを設定します。 画像のように、1か月(30日)ごとにスコアを設定します。
    経過日数は大きい数から入力します。
    (ここでは4行目のスコア2の120から入力します)
  • [名前を付けて保存]をクリックし[条件名]に名称を入力し、[OK]をクリックします。
  • [OK] をクリックすると画面が閉じます。
  • [検索]をクリックします。
  • 検索画面の[RFMスコア]タブの「Rスコア」の[使用]にチェックを付けて、[条件]を「3」~「3」に設定します。 (手順4でスコア3を最終来店日から61~90日経過と設定しているため)
    [OK]をクリックします。
  • 「RFM分析表(検索結果)」に条件に該当する顧客の一覧が表示されます。

抽出した顧客にメールを送信する

  • 「RFM分析表(検索結果)」で[全選択]をクリックして[メール]をクリックします。 一部を選択したい場合は[Ctrl]キーを押しながら対象顧客コードの左側の[行セレクター]をクリックします。
  • メールソフトが起動します。[宛先]には、登録した自社のメールアドレスが表示されます。 [BCC]には、選択した顧客のメールアドレスが表示されます。
    このため、他の顧客のメールアドレスが知られてしまうことはありません。

  • メールの本文を入力して、メールソフトの[送信]をクリックします。
  • [履歴/予定一括入力]画面が表示されます。 内容を入力して[OK]をクリックします。
  • メールの送信履歴が[履歴/予定帳]の[対応]区分に自動で転記されます。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク