固定資産の新規登録または編集の際「償却方法が「定率法」になっています。」のメッセージが表示される 弥生会計 サポート情報

ID:ida21033

[固定資産の新規登録]で[登録]、または[固定資産の編集]で[OK]をクリックした際に、以下のメッセージが表示される場合があります。

平成28年4月1日以後に取得する附属設備および構築物の法定償却方法が、定率法から定額法に変更されました。詳細は、弥生ホームページの平成28年4月1日以降に取得した[附属設備][構築物]の償却方法についてを参照してください。

法定償却方法で償却を行う場合は、メッセージの[いいえ]をクリックして[償却方法]を[定額法]に変更し、[登録]または[OK]をクリックします。

次に、[固定資産科目設定]で「附属設備」または「構築物」の初期設定を[定額法]に変更します。

  • [拡張機能]メニューの[固定資産管理]を選択し、[科目設定]をクリックします。[固定資産科目設定]画面が表示されます。
  • [勘定科目]が「附属設備」または「構築物」の[償却方法]を、「定率法」から「定額法」に変更します。
  • [閉じる]をクリックします。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク