伝票の消費税率(課税)を変更した際に、税込単価を自動で再計算させることはできますか? やよいの見積・納品・請求書 サポート情報

ID:ida23310
税込で入力している伝票は、あらかじめ設定しておくと、伝票の課税を変更した際に単価の再計算を行います。
自動計算される帳票は、税計算に[内税]を選択している「見積書/納品書・請求書」です。
自動計算の設定を有効にするには、[メニュー]タブの[得意先・商品・設定]カテゴリから[設定]をクリックし、[帳票作成オプションの編集]の[内税帳票の場合、課税区分に連動して単価を変更する]を選択します。
[保存]をクリックして、設定内容を保存します。
自動計算時に単価・金額の端数処理は以下の設定から計算します。

単価の端数処理の計算

  • [課税]変更前の[単価]欄に入力している単価の桁数(小数桁を設定している場合は、小数桁で計算)
  • 帳票上の[税計算]パネルの[消費税計算端数処理]

金額の端数処理の計算

  • [メニュー]タブの[得意先・商品・設定]カテゴリから[設定]の[帳票作成オプションの編集]の[基本端数処理]

帳票オプションなどが以下の設定になっており、消費税率10%で登録した伝票を消費税率8%に修正した場合を例に説明します。

  • [帳票作成オプションの編集]の[基本端数処理]で[四捨五入]を選択している
  • 納品書の[税計算]パネルの[消費税]で[内税]を選択している
  • 納品書の[税計算]パネルの[消費税計算端数処理]を[四捨五入]を選択している
  • 納品書の変更前の単価小数桁を[2]まで入力している
  • 消費税率(課税)10%で内税単価0.87円、数量3で計算されている納品書の消費税率(課税)8%に変更する
  • [メニュー]タブの[日常業務]カテゴリから[納品書・請求書の作成]を選択します。
  • 任意で得意先を選択し、任意で商品を選択します。
  • [課税]の消費税率をクリックして10%にして、内税単価0.87円、数量3で登録します。
  • [メニュー]タブの[日常業務]カテゴリから[納品書・請求書の一覧]をクリックします。
  • 消費税率を変更したい納品書にチェックを付けて、[開く]をクリックします。
  • [課税]欄の[課税 10.0%]をクリックして[課税(軽)8.0%]を選択します。
  • 単価が「0.85」円と表示されます。
    消費税率(課税)10%から消費税率(課税)8%に変更すると、単価は内部的に[0.854182]と計算されます。
    変更前の単価の小数桁が[2]なので、[税計算]パネルの[消費税計算端数処理]の設定に基づき、単価小数点2桁以下を四捨五入で端数処理され、納品書画面には「0.85」円と表示されます。
  • 金額が「3」円と表示されます。
  • 消費税率(課税)10%から消費税率(課税)8%に変更して、自動計算された単価「0.85」円に数量3で計算すると、金額は内部的に[2.55]と計算されます。帳票オプションの[基本端数処理]の設定に基づき、金額小数点以下は四捨五入で端数処理され、納品書画面には「3」円と表示されます。

    単価の自動計算式

    • (税込金額×100÷(100+変更前税率))×(100+変更後税率)÷100で求める(小数点以下を含む)
    • 上記の計算結果を、変更前の単価小数桁と[税計算]パネルの[消費税計算端数処理]に従って、単価の端数処理を行います。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク