確定申告書の作成で[源泉徴収税額の確認]の[源泉徴収税額]が正しく表示されない やよいの青色申告 オンライン サポート情報

ID:ida24035

所得税確定申告書の作成で「Step3 確定申告書の作成」の「2.源泉徴収税額の確認」で表示される[源泉徴収税額]は、取引の入力時に、以下の条件で入力することで正しく表示されます。

  • 取引先の入力が必須です。
    所得の内訳は取引先ごとに集計されます。
  • 源泉徴収された所得税は「うち源泉徴収税額」を使用します。

[源泉徴収税額]を正しく反映させるには、<1.「売上」計上時>または<2.「売掛金」回収時>のどちらか一方で[うち源泉徴収税額]を入力します。
※それぞれで入力する必要はありません



1.「売上」計上時に所得税を源泉徴収する方法

例:報酬11,000円から所得税1,123円を源泉徴収し、9,877円を請求した。

[かんたん取引入力]から入力する場合

[仕訳の入力]から入力する場合



2.「売掛金」回収時に所得税を源泉徴収する方法

例:報酬11,000円から所得税1,123円を源泉徴収され、9,877円を回収した。

[かんたん取引入力]から入力する場合

[仕訳の入力]から入力する場合



メインメニューの[確定申告]から申告年度と申告方法を選択し、「Step3 確定申告書の作成」の[開始]をクリックして、「2.源泉徴収税額の確認」まで進むと、[かんたん取引入力]や[仕訳の入力]で入力した仕訳が、取引先ごとに集計されます。

以下のような理由で、「収入金額」や「源泉徴収税額」が支払調書と異なる場合があります。

  • 取引先の集計基準と、仕訳の会計基準が異なる場合
  • 仕訳の入力漏れ、誤り、重複がある場合
  • 取引先の支払調書に誤りがある場合

これらを確認しても支払調書と異なる場合は、金額が異なったまま確定申告書を提出してもよいかどうか、所轄の税務署にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク