「配偶者(特別)控除額の修復情報」というログファイルが出力された 弥生給与 サポート情報

ID:ida24989
『弥生給与(やよいの給与計算)19 Ver.22.1.4』にアップデートすると、「配偶者(特別)控除額の修復情報」というログファイルが出力される場合があります。

デスクトップに作成されたログファイル「配偶者(特別)控除額の修復情報」に記載されている「コンバート前の製品バージョン」が「22.1.3」の場合、確認方法が異なります。

[年調明細個人別]と[源泉徴収票]で異なる年税額が表示される場合があるを参照してください。

ログファイルには、データ修復が行われた従業員名が記載されています。
修復されたデータは、以下2つの不具合のいずれかに該当していた可能性があります。

平成30年分年末調整の申告書の入力まで進めている方や、源泉徴収簿などを印刷した方は、上記のログファイルが出力された場合、以下の確認をお願いします。

申告書の入力まで進めている場合

  • クイックナビゲータの[年末調整]カテゴリから[年末調整業務を行う]をクリックします。
  • 年末調整ナビの[3.申告書を入力しよう]をクリックして[配偶者控除等申告書へ]または、年末調整メニューの[配偶者控除等申告書]をクリックします。
  • 以下の3つの条件に該当するか確認します。
    • 「あなたの合計所得金額(見積額)」または「配偶者の合計所得金額(見積額)」の「給与所得(1)-収入金額等」が
      2,624,000円~2,995,999円の間で入力されている
    • 給与以外の所得を入力している
    • 所得金額の合計額が以下表に記載されている金額である
      「あなたの合計所得金額(見積額)」の
      所得金額の合計額
      「配偶者の合計所得金額(見積額)」の
      所得金額の合計額
      9,000,001850,001
      9,500,001900,001
      10,000,001950,001
      1,000,001
      1,050,001
      1,100,001
      1,150,001
      1,200,001
      1,230,001

上記すべての条件に該当する従業員がいる場合は、以下の手順でその従業員の[配偶者控除等申告書]を再入力してください。

  • 「あなたの合計所得金額(見積額)」の「給与所得(1)-収入金額等」(または「配偶者の合計所得金額(見積額)」の「給与所得(1)-収入金額等」)を「0」に修正します。
  • 画面上部「保険料控除」タブに切り替えます。(もしくは別の従業員に切り替えます)
  • 画面上部「配偶者控除等」タブに戻します。(もしくは該当の従業員に戻します)
  • 「あなたの合計所得金額(見積額)」の「給与所得(1)-収入金額等」(または「配偶者の合計所得金額(見積額)」の「給与所得(1)-収入金額等」)に正しい金額を入力します。正しい控除額が再計算されます。
  • 過不足税額の精算がお済みの場合は、再度精算してください。

源泉徴収簿、源泉徴収票の印刷まで進めている場合

申告書の入力まで進めている場合」の内容を実施した後、ログファイルに記載された従業員全員分の源泉徴収票、源泉徴収簿を再度印刷してください。

過不足税額の精算がお済みの場合

申告書の入力まで進めている場合」の内容を実施した後、ログファイルに記載された従業員全員において、過不足税額の精算を再度実行してください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク