減価償却が必要な資産の償却方法 やよいの青色申告 オンライン サポート情報

ID:ida26

減価償却が必要な資産は、【固定資産】と【繰延資産】があり、それぞれ償却方法が違います。

【固定資産】

青色申告を行う個人事業主が、固定資産の減価償却を行う場合の償却方法は、原則として【定額法】を選択します。【定額法】では、毎年同じ金額を経費として計上します。
【定額法】のほかに、毎年定率の償却率を用いる【定率法】があります。【定率法】を選択する場合は、税務署に届け出をする必要があります。

所得税の減価償却資産の償却方法の届出手続

購入代金が、20万円未満の固定資産は、耐用年数に関係なく、3年間で均等償却できる【一括償却】を選択することもできます。一般的には【定額法】で減価償却するよりも1年分の経費となる金額が大きくなります。【一括償却】を選択するかどうかは任意で決められます。

購入代金が、30万円未満の固定資産は、取得年度の経費として全額償却できる【即時償却】を選択することもできます。こちらを選択した場合、別途、確定申告書に「少額減価償却資産の取得価額に関する明細書」を添付する必要があるため、固定資産台帳などを作成し、保存をしておくことをおすすめします。

ただし、青色申告決算書の「減価償却費の計算」欄に「租税特別措置法第28条の2を適用する旨」等の事項を記載し、少額減価償却資産の取得価額の明細を別途保管すれば「少額減価償却資産の取得価額に関する明細書」の添付は不要です。

「中小企業者の少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入の 特例制度」を適用する場合の明細書の添付について

【繰延資産】

開業までに支払った費用は、「繰延資産」にできます。償却方法は【繰延資産償却】になります。一般的には5年間で均等に償却しますが、0円から取得金額の全額までの好きな(任意な)金額で償却することも認められています。任意な金額で償却する場合は、本年分の普通償却費を償却したい金額に修正します。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク