残高が合わない/マイナスになっている(「普通預金」の場合) やよいの青色申告 オンライン サポート情報

ID:ida27353

「普通預金」の残高が合わない、またはマイナスになっている原因の特定と対処方法を、以下のステップで確認していきます。

ステップ1 いつから合わないのか、マイナスなのかを確認する
 ステップ1-1 [期首残高]を確認する
 ステップ1-2 [期中の残高]を確認する
ステップ2 取引帳と取引先ごとの請求書等、または通帳やネットバンキングの入出金明細等で確認する
ステップ3 入力間違いの修正や入力漏れの追加を行う
ステップ4 正しい残高に更新されたことを確認する

ステップ1-1 いつから合わないのか、マイナスなのかを確認する:[期首残高]を確認する

本年度の[期首残高]を確認します。
  • [設定メニュー]の[残高の設定]をクリックします。 [残高の設定]画面が表示されます。
  • [期首残高を設定する]のチェックが入っていることを確認し[▼]をクリックして本年度を選択します。 「普通預金」の期首残高(取引銀行ごとの期首残高)が正しいかを取引先ごとの請求書等、または通帳やネットバンキングの入出金明細等で確認します。

    「普通預金」の金額が正しい場合は、ステップ1-2 [期中の残高]を確認するに進みます。

    「普通預金」の残高が合っていない、マイナスになっている場合

    期首残高を修正することで、前年度分の決算書の金額(期末残高)と異なってしまいます。
    期首残高を修正する前に、本年度の期首残高を修正する旨を税務署へお伝えいただくことをおすすめします。

  • 「普通預金」の金額が間違っている場合は、必要に応じて取引先ごとの請求書等、または通帳やネットバンキングの入出金明細等を確認して、正しい金額に修正して[登録]をクリックします。 ここでは「南銀行」の期首残高を修正する場合で説明しています。
    取引銀行を登録していない場合は、直接[普通預金]を修正します。

    「残高がマイナスになっている科目があります。このまま登録してよろしいですか?」のメッセージが表示される場合

    [いいえ]をクリックして、残高がマイナスになっている科目をクリックして修正し[登録]をクリックします。

    「期首残高の貸借合計金額が一致していません。固定資産で未登録のものはありますか?」のメッセージが表示された場合

    ここでは[いいえ]をクリックします。

  • 「期首残高の貸借合計金額が一致するように「元入金」を自動計算してよろしいですか?」のメッセージが表示されます。 [はい]をクリックして、「登録が完了しました。」の[OK]をクリックします。
  • [普通預金]の残高が、正しい残高に更新されたことを確認します。 残高が合わない、またはマイナスの現象が回避された場合は、これで完了です。
    残高が合わない、またはマイナスの現象が回避されない場合はステップ1-2 [期中の残高]を確認するに進みます。

ステップ1-2 いつから合わないのか、マイナスなのかを確認する:[期中の残高]を確認する

本年度の[期中の残高]を確認します。

  • メインメニューの[レポート・帳簿]をクリックします。 [レポート・帳簿]画面から[残高推移表]をクリックします。
  • どこの取引銀行が何月から残高が合わないかを確認します。 ここでは「昭和信用金庫」の通帳残高(5月残高)と101,100円の差額が発生していたこととします。


ステップ2 取引帳と取引先ごとの請求書等、または通帳やネットバンキングの入出金明細等で確認する

ここでは5月度の[昭和信用金庫]の残高が一部[指定なし]に集計されていた場合を例に説明します。 
  • 普通預金[指定なし]の「5月度」の残高をクリックします。
  • [仕訳の一覧]画面(または[取引の一覧]画面)に5月分の明細が表示されます。

ステップ3 入力間違いの修正や入力漏れの追加を行う

ここでは5月分の「指定なし」の明細を「昭和信用金庫」に修正する方法を例に説明します。
※[仕訳の一覧]画面で説明しますが、[取引の一覧]画面でも修正方法は同様です
また、入力漏れがある場合は[かんたん取引入力]画面(または[仕訳の入力]画面)を開きなおして、入力が漏れていた取引を追加入力します。

「生活費の引き出し」について

事業用の普通預金口座から、生活資金として引き出した場合も取引の入力が必要です。
詳細は 事業用資金をプライベートの生活資金としたときの仕訳は? を参照してください。

  • [仕訳の一覧]画面で入力間違いの取引をダブルクリックします。

    [取引の一覧]画面から入力間違いの取引をダブルクリックした場合

    00026215_007

  • [補助科目]の[▼]をクリックして「昭和信用金庫」を選択して[上書き保存]をクリックします。
  • すべての入力間違いの修正や入力漏れを完了させます。

ステップ4 正しい残高に更新されたことを確認する

5月度の残高が正しく更新されたことを確認します。
  • メインメニューの[レポート・帳簿]をクリックします。 [レポート・帳簿]画面から[残高推移表]をクリックします。
  • 5月度の「指定なし」から「昭和信用金庫」へ残高が移り、正しく更新されたことを確認します。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク