取引手段の「現金」と「現金(個人用)」の違いがわからない やよいの青色申告 オンライン サポート情報

ID:ida953

確定申告をするときには、事業用の現金や預金などの実際の残高を決算書に記載する必要があります。
そのため、事業用に管理している現金と、個人事業主が、プライベートな入出金で使用する現金は、帳簿上、分けて管理する必要があります。
事業用の現金から個人用の支出をする場合や、個人用の現金から事業用の支出をする場合は「現金(個人用)」を選択します。

「現金」と「現金(個人用)」では、決算書や帳簿上の科目が異なります。
[取引手段]で「現金」または「現金(個人用)」を選択することによって、以下のように使い分けられます。

[取引手段]
の項目
決算書や帳簿での科目 使い分け方
現金 現金 事業用に管理している現金での取引
現金(個人用) 事業主貸/事業主借 事業用ではないプライベートの入出金
(取引内容により、「事業主貸」「事業主借」のいずれかが決算書や帳簿上に自動で反映されます)

「現金」「現金(個人用)」は、[かんたん取引入力]の[取引手段]で設定します。

[かんたん取引入力]メニューの基本的な使い方
[かんたん取引入力]画面の詳細

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク