バックアップファイルの復元 弥生会計 サポート情報

ID:ida17752

事業所データが破損した場合や、誤った作業を行う前の状態に戻したい場合などは、バックアップファイルを復元します。復元すると、バックアップを実行した時点の事業所データに復元できます。

※弥生会計 21の場合は、「22」を「21」に読み替えてください。

  • [ファイル]メニューの[バックアップファイルの復元]をクリックします。 [バックアップファイルの選択]画面が表示されます。
    [ファイル]メニューの[開く]で表示する[事業所データの選択]画面で、[データ種別]で「バックアップファイル」を選択しても同様です。
  • [バージョン]で「弥生会計 22」が選択されていることを確認して[参照先の設定]をクリックします。
    旧バージョンのバックアップファイルを復元する場合は、復元するバックアップファイルのバージョンにチェックを付けます。
    [その他]にチェックを付けると、他のバージョンも選択できます。
    00018609_001A
    ※上図はプロフェッショナルの画像です。 
  • [参照先の設定]画面で復元するバックアップファイルを選択します。ここでは例としてUSBメモリに保存したバックアップファイルを復元します。
    • [フォルダーを追加]をクリックして保存先を選択し[OK]をクリックします。

      ※この画面でのドライブ表示などは、お客さまの環境により異なります。
    • [参照先の設定]画面でバックアップファイルの保存場所が追加されたことを確認します。

    弥生ドライブにバックアップファイルを保存している場合

    弥生ドライブからバックアップファイルをいったん特定の場所にダウンロードしてから、バックアップの復元を行います。
    弥生ドライブからファイルをダウンロード

    バックアップファイルの保存場所がわからない場合

    Windowsの検索機能を使用して検索します。検索条件として検索するファイルの種類または拡張子を指定してください。
    データファイルの検索方法

  • [バックアップファイルの選択]画面に戻り、復元したいバックアップファイルを選択して、[開く]をクリックします。

    旧バージョンのバックアップファイルを復元したい場合

    旧バージョンのデータを選択すると[過去バージョンデータのコンバート]画面が表示されます。(AEの場合は「データコンバートを行う」にチェックを付けます。)

    弥生会計(やよいの青色申告) 22へデータをコンバート(変換)する方法 弥生会計(やよいの青色申告) 21へデータをコンバート(変換)する方法
    <プロフェッショナル2ユーザー/ネットワーク/AEのマルチユーザーの場合>
    バックアップファイルから直接コンバートできません。復元後にコンバートします。
    [バックアップファイルの復元]画面が表示されます。
  • 復元するバックアップファイルの情報を確認して、[復元]をクリックします。
    ※上図はプロフェッショナルの画像です。
    • 復元場所:[参照先]をクリックして[保存先の選択]画面から選択します。
      参照先の設定
    • 復元データ名:クリックすると直接入力できます。
      また、表示される[▼]をクリックすると、復元場所にある事業所データ名が表示されます。復元場所に同じ名前の事業所データが存在する場合は、以下の様な確認メッセージが表示されます。
  • 復元の終了メッセージが表示されたら[OK]をクリックします。
  • 復元したデータを開くかを確認するメッセージが表示された場合は、[はい]をクリックすると復元した事業所データが開きます。

復元先のSQL Serverのバージョン<プロフェッショナル2ユーザー/ネットワーク/AEのマルチユーザーの場合>

バックアップファイルは、バックアップ元のSQL Serverのバージョンよりも古いバージョンのSQL Serverには復元できません。バックアップ元のSQL Serverよりも新しいバージョンのSQL Serverに復元することはできます。バックアップファイルを作成したSQL Serverのバージョンは、バックアップファイルの復元時に[バックアップファイルの復元]画面で確認できます。
00017752_006D

事業所データのデータ形式と復元場所(AEのみ)

バックアップファイルは、バックアップ元の事業所データと同じデータ形式に復元されます。そのため、復元先には、データの形式にあった場所を指定します。
例えば、マルチユーザー形式の事業所データのバックアップファイルは、マルチユーザー形式の事業所データに復元されるため、データベースがインストールされたコンピューターを復元先として指定します。データ形式を変更したい場合は、データの送受信を使用します。

事業所データの送受信の概要

ハードディスクの空き容量に注意

バックアップを復元する場合は、ハードディスクの空き容量に注意してください。ハードディスクの空き容量が不足すると、復元できないことがあります。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク