国税庁のe-Taxソフトで申告データを送信する 弥生会計 サポート情報

ID:ida18154

個人の決算書などを電子申告用のe-Taxデータとして書き出すことができます。

『弥生会計(やよいの青色申告)』から書き出したデータは、国税庁がダウンロード提供している「e-Taxソフト」への取り込みに対応しています。
※国税庁の「確定申告書等作成コーナー」および「e-Taxソフト(WEB版)」への取り込みには対応していません。

「e-Taxソフト」について

書き出したe-Taxデータファイル(.xtx)を取り込むには、国税庁が提供するe-Taxソフトのダウンロードやそれに伴うルート証明書、信頼済みサイトの登録などのインストールが必要です。詳細は国税庁のホームページを参照して、事前準備を完了させてください。

弥生会計 AEをご利用の場合

旧バージョンの事業所データをコンバートせずに開いている場合は、e-Taxデータの書き出し機能は使用できません。最新の事業所データにコンバートする必要があります。
『弥生会計 20』へデータをコンバート(変換)する方法(AE)

書き出しを行う前に、作成した帳票をあらかじめ印刷し、出力内容に間違いがないか確認しておくことをお勧めします。設定の誤りなどにより印刷が実行できない場合は、e-Taxデータの書き出しでもエラーになります。

  • [決算・申告]メニューの[e-Taxデータの書き出し(e-Taxソフト取り込み用)]をクリックします。「e-Tax データの書き出しを行うことができません」のメッセージが表示される場合は、所得税確定申告モジュールがインストールされていません。次のFAQを参照してください。
    「対応した所得税確定申告モジュールがインストールされていない」とメッセージが表示される
  • [e-Taxデータの書き出し]ダイアログで、設定の確認を行います。

    両方設定していないとデータの書き出しはできません。[e-Tax情報設定]をクリックして設定します。
    e-Tax情報設定(個人)
    書き出されるe-Taxデータのファイル名が表示されます。消費税と所得税は別のファイルとして書き出されます。ファイルの拡張子は「.xtx」です。
    書き出す帳票にチェックを付けます。前回書き出した帳票には、あらかじめチェックが付きます。
    前回e-Taxデータを書き出した日時が表示されます。
  • 出力ファイルの保存場所とファイル名を確認し、必要に応じて変更します。保存場所を変更するには、[参照]をクリックして保存先のフォルダーを選択します。
  • [OK]をクリックしてe-Taxデータを書き出します。

「.xtx」ファイルは、帳票ごとには作成されません

[消費税][所得税]で各1つずつの「.xtx」ファイルとして書き出されます。また、[消費税事業所設定]の[申告書設定]で[事業所区分]が[免税]の場合は、消費税のe-Taxデータの書き出しはできません。

e-Taxデータの保存場所の初期値

初期設定では、e-Taxデータは次の場所に保存されます。保存先を変更すると、前回の保存先が初期値として表示されます。
ドキュメント(Documents)¥Yayoi¥Exchange

書き出しエラーとなった場合

e-Taxデータの書き出しがエラーとなった場合は、デスクトップにエラーログ「弥生会計e-Taxデータの書き出しエラー.txt」が作成されます。このファイルを開くと、エラーの内容を確認することができます。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク