データ送受信を行う前に決定すること 弥生会計 サポート情報

ID:ida18444

会計事務所と顧問先とでデータの送受信を行う場合は、あらかじめ次のことについて決定してください。

  • 事業所データをどちらが作成するか 一方で作成した事業所データを送信して、もう一方ではそのデータを受信して使用します。
  • 日常、データを送受信するタイミング 顧問先で入力した仕訳データの差分を送信する時期を、毎週末や毎月度などと決めておくことをお勧めします。
  • 繰越処理をどちらが行うか 繰越処理は、どちらか一方で行います。会計事務所と顧問先の両方でそれぞれ繰越処理が行われると、年度情報が一致しなくなり、データの送受信ができなくなります。詳細は、 繰越処理とデータの送受信の関係 を参照してください。 

データの送受信を使用する場合のヒント

  • サーチキーの設定

    使用するサーチキーを、会計事務所と顧問先で変えることをお勧めします(会計事務所がサーチキー「英字」を使用し、顧問先は「数字」を使用するなど)。一方のデータで相手方のデータを上書きした場合でも、使用しているサーチキーが変更されることを防ぐことができます。

    弥生会計の環境設定
  • 付箋の設定

    付箋は、1つの仕訳に2つまで設定できます。顧問先は「付箋1」、会計事務所は「付箋2」などと決めて使用すると、お互いが設定した付箋をそのままにできます。

    付箋の設定

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク