支給日の設定(給与明細の初回起動時のみ) 弥生会計 サポート情報

ID:ida18557

給与明細を初めて使用する際に、給与の支給日を設定します。弥生会計では、給与支払い開始を期首日とし、支給日が含まれる月を処理月として、給与の開始月「○月分給与」が決まります。

例えば、支給日を「15日」と設定した場合、次のようになります。

<例:会計期間が4/1~3/31の場合>

会計期間の最初の15日が含まれる「4月分給与」から処理月度が始まります。


<例:会計期間が4/16~4/15の場合>

会計期間の最初の15日が含まれる「5月分給与」から処理月度が始まります。


  • [拡張機能]メニューの[給与明細書]を選択し、[給与明細]をクリックします。 [給与データ作成]ダイアログが表示されます。
  • 給与の支給日を設定します。月末(29、30、31日)を支給日に設定する場合は、▼をクリックして「末日」を選択します。 ここで設定した支給日は、毎月の支給日の初期値となります。初期値となる支給日は次年度へ繰り越すまで変更できません。


  • [OK]ボタンをクリックします。 [給与データ作成]ダイアログが閉じ、[給与明細]ウィンドウが表示されます。

    [支給日]には設定した支給日が表示されます。直接変更することはできます。

    期中から給与明細書の作成を始めるような場合は、明細項目の設定、従業員の設定後、給与明細書を作成する月まで処理月を変更します。

    処理月度の変更

賞与明細の支給日の設定

賞与の支給日は、賞与支給ごとに設定します。[給与明細]ウィンドウの[支給区分]で「賞与」を選択し、[支給日]に賞与を支給する日付を入力します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク