会計事務所とのデータ共有の流れ 弥生会計 オンライン サポート情報

ID:ida20836

『弥生会計 オンライン』と会計事務所のデスクトップアプリケーション『弥生会計』で、取引や科目、残高などのデータを共有できます。

  • 『弥生会計 オンライン』で入力した取引データを、会計事務所が『弥生会計』から確認・修正できます。データ共有中も、『弥生会計 オンライン』での日々の取引などの入力が可能です。
  • 『弥生会計 オンライン』で入力した取引データを使用して、『弥生会計』で決算書を作成します。
    (データ共有中は、『弥生会計 オンライン』で決算書を作成しません。)

既に会計事務所とデータ共有中の場合は、手順2の「データ共有の運用」を参照してください。

  • データ共有の準備
    • 会計事務所との契約

      『弥生会計』を使用している「弥生PAP会員」の税理士や会計事務所と契約していると、データ共有の機能を利用できます。

    • データ共有の申請 会計事務所にデータ共有の申請を行います。

      データ共有の申請
    • 初期設定の依頼

      データ共有を申請した会計事務所に初期設定を依頼します。

    • 『弥生会計』で初期設定(会計事務所側の作業)

      会計事務所が『弥生会計』から『弥生会計 オンライン』のデータを確認し、科目や消費税など初期設定を行います。

    会計事務所がデータ共有を開始すると、『弥生会計 オンライン』からログアウトされます。
    会計事務所での初期設定が終了した後、取引の入力を開始してください。
  • データ共有の運用

    『弥生会計 オンライン』では主に日々の取引入力を行い、会計事務所は『弥生会計』から取引データなどを管理します。
    データ共有中は、会計事務所からの操作に関係なく取引の入力が通常は可能ですが、以下の注意事項があります。

    • データ共有中の機能制限 データ共有中は会計事務所からの操作が優先されるため、会計事務所のチェックが開始されると、『弥生会計 オンライン』では「科目の設定」「残高の設定」など一部機能を使用できなくなります。
      会計事務所のチェック中は、チェック対象期間内の取引を入力できません。
      データ共有時の制限事項
    • データの作り直し 「全体の設定」の[全データ削除・初期化]でリセットする前に、契約している会計事務所にご相談ください。

データ共有中の会計事務所の操作履歴は、以下で確認できます。
会計事務所からの操作の履歴を確認したい

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク