マイナンバーカードで使用するパスワード(暗証番号) サポート情報

ID:ida25702

マイナンバーカードに搭載された電子証明書のパスワード(暗証番号)には、「利用者証明用パスワード」「署名用パスワード」「券面事項入力補助用パスワード」「個人番号カード用(住民基本台帳用)パスワード」の4種類があります。

パスワード(暗証番号)は、マイナンバーカードの交付を受ける際に受付窓口で自分で設定します。
パスワードの控え用紙を記入して、忘れないように保存します。

※控え用紙の様式は市区町村によって異なります。

パスワードを忘れてしまった場合

住民票のある市区町村の窓口でパスワード(暗証番号)を初期化申請して、パスワード(暗証番号)を再設定する必要があります。詳しくは、市区町村窓口へお問い合わせください。

e-Taxの手続き中にマイナンバーカードで使用するパスワード(暗証番号)

e-Taxの手続き中にマイナンバーカードで使用するパスワード(暗証番号)は以下の3種類です。
  • 利用者証明用パスワード(4桁の数字)
  • 署名用パスワード(数字とアルファベットが混在した6~16文字)
  • 券面事項入力補助用パスワード(4桁の数字)

マイナンバーカードを使用する際、利用者証明用パスワードは3回、署名用パスワードは5回、券面事項入力補助用パスワードは3回、連続で入力を間違えるとロックされます。ロックの解除をするには、市区町村窓口でパスワードの初期化をする必要があります。

マイナンバーカードの電子証明書の失効

マイナンバーカードで使用するパスワードを正しく入力しているのにログインできない場合、電子証明書が失効している可能性があります。
マイナンバーカードの電子証明書は、有効期間を過ぎたり、住所や氏名の変更などによって失効します。
失効した電子証明書の再発行は、市区町村の窓口で申請する必要があります。詳しくは、市区町村窓口へお問い合わせください。

<有効期間>
マイナンバーカードの電子証明書は、電子証明書発行の日から5回目の誕生日までが有効期間です。
有効期間満了日の3ヶ月前から更新手続きを行うことができます。 有効期間満了前に更新を行った場合は、電子証明書の有効期間は、電子証明書発行の日から6回目の誕生日までです。

<住所や氏名の変更>
住民票の基本4情報(氏名、住所、生年月日、性別)が変更されると、署名用電子証明書が失効します。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク