売掛残高一覧表 Misoca サポート情報

ID:ida26066

取引先への商品の販売やサービス提供を行い、まだ代金を受領(回収)していないお金のことを、会計用語で「売掛金」といいます。また、ある時点で未回収の状態の金額を「売掛残高」といいます。
売掛残高一覧表は、取引先ごとに「いくらの売掛金(未回収代金)があるか」「当月に請求した金額はいくらか」などを確認するために利用します。

Misocaでは、請求ステータスが「請求済」となった請求書の金額を売掛金として扱います。売掛残高一覧表では、この売掛金を集計して売掛残高として表示します。
後日、売掛金の回収が確認できたら、入金ステータスを「入金済」に変更します。そうすることで売掛残高から差し引かれます。

売掛残高一覧表は、グローバルメニューのレポート項目から[売掛残高一覧表]をクリックして開くことができます。

売掛残高一覧表には以下の4つの項目があり、それぞれ条件を満たす請求書の請求金額を集計します。

項目説明集計対象
前月末残高集計月の前月以前に発行し、集計月時点で未回収の請求書の合計額を表します。 次の条件をすべて満たす請求書
  • 「請求日」が集計月の前月以前の日付(※)である
  • ステータスが「請求済」である
  • 集計月の時点で「未入金」である
※集計月から遡って過去1年分の請求書が対象です。
当月請求金額集計月に発行した請求書の合計額を表します。 次の条件をすべて満たす請求書
  • 「請求日」が集計月の日付である
  • ステータスが「請求済」である
当月回収金額集計月に入金があった請求書の合計額を表します。 次の条件をすべて満たす請求書
  • 「入金日」が集計月の日付である
  • ステータスが「請求済」である
当月末残高集計月の月末時点での売掛残高を表します。

次の計算で求めます。
「前月末残高」+「当月請求金額」-「当月回収金額」

集計月を、とある年度の8月にしたときの各項目の集計範囲は次のとおりになります。

集計月は次の操作で変更できます。

集計月の初期値はシステム日付の年月になります。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク