決算・申告、業務の流れ(法人)
労働保険料(雇用保険料)を納付した仕訳

ID:ida26140

労働保険料とは、その全額を事業主が負担する労災保険と、事業主と従業員の双方が負担する雇用保険から構成されます。

従業員負担分の雇用保険料納付時の勘定科目は、給与支給時の雇用保険料の天引きと同じ勘定科目を使用します。
以下では、雇用保険料を「法定福利費」で仕訳する場合と、「立替金」で仕訳する場合の2通りを記載しています。

労働保険料を納付した場合は、以下のように仕訳します。


【例】
労働保険料40,000円を現金で納付した
※給与支給時の雇用保険料の天引きを「法定福利費」で仕訳する場合

【仕訳】
借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
法定福利費 40,000円 現金 40,000円 労働保険料納付

【例】
労働保険料40,000円を現金で納付した
※給与支給時の雇用保険料の天引きを「立替金」で仕訳する場合
(内訳:事業主負担分22,000円、従業員負担分18,000円)

【仕訳】
借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
法定福利費 22,000円 現金 40,000円 労働保険料の事業主負担分
立替金 18,000円 労働保険料の従業員負担分

上記の例では「立替金」を使用していますが、「預り金」など他の勘定科目を使用する場合もあります。


従業員へ給与を支給したときの仕訳は、以下を参照ください。
従業員へ給与を支給したときの仕訳

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク