[口座連携の設定]画面で「電子証明書が異なります」「電子証明書エラー」と表示される 弥生会計 オンライン サポート情報

ID:ida11275

法人銀行のインターネット取引サイトにて電子証明書を更新した後、「口座連携の設定」でも電子証明書を更新しないと電子証明書が異なる旨のメッセージが表示されます。その場合はログイン情報の変更・更新が必要です。
※各銀行のサイトでは、年に1回、電子証明書の更新が必要です。その都度ログイン情報の更新を行ってください。

金融機関のログイン情報を更新したい(口座連携の設定)

電子証明書が必要な口座の利用明細を更新すると、エラーになる場合

ブラウザーに有効期限切れの電子証明書が登録されていると、有効な電子証明書が選択されずエラーになる場合があります。
Internet Explorerで有効期限の切れた電子証明書を削除して、「口座連携の設定」の利用明細を更新します。

  • Internet Explorerを開きます。
    Windows 10の場合
    [スタート]ボタンからすべてのアプリを表示して、[Windows アクセサリ]-[Internet Explorer]をクリックして開きます。
  • Internet Explorerの[ツール]-[インターネットオプション]をクリックします。
  • [コンテンツ]タブの[証明書]ボタンをクリックします。
  • [個人]タブで、[有効期限]が過ぎている電子証明書を選択し、[削除]ボタンをクリックします。
    有効期限切れの電子証明書が複数表示されている場合は、該当する電子証明書をすべて削除します。
  • 「口座連携の設定」で利用明細を更新します。
    連携した金融機関から明細を手動で取得する

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク