入力方法がわからない取引が発生した場合 弥生会計 サポート情報

ID:ida17981

取引を入力するときに仕訳がわからない(どの勘定科目を選択したらいいかわからない)場合は、[仕訳アドバイザー]で取引を検索して、仕訳例を確認することができます。
表示された仕訳例を参考に伝票の登録を行ってください。

<例>

  • 「車を売却したけど、仕訳の入力方法がわからない」
  • 「売掛金から手数料が差し引かれ、残金が普通預金に振り込まれた場合の仕訳を知りたい」
  • 「相殺仕訳を入力したい」

日常取引の参考資料としてご活用ください。

仕訳アドバイザーの表示方法

仕訳アドバイザーでは、一般的な経理処理方法について解説しています。
しかし、経理実務は多種多様であり、仕訳アドバイザーの内容が絶対的な方法ではありません。
自社の状況に適した経理処理を行う必要があります。

弊社カスタマーセンターでは、税務判断の伴う仕訳方法や会計処理、実務に関するお問い合わせには回答できません。
最寄りの税務相談室や税務署へご相談ください。

税務署の所在地などを知りたい方

なお、弊社サービスの『会計事務所紹介サービス』では、 「弥生シリーズ」を導入している会計事務所「弥生PAP」を紹介、または検索することができます。

会計事務所紹介サービス

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク