賞与データを誤って作成したので削除したい 弥生給与 サポート情報

ID:ida19363
賞与データの削除は、指定した賞与以前のデータがすべて削除されます。指定した賞与データのみを削除することはできません。

賞与データの「終了処理」をまだ行っていない場合

賞与処理設定画面で[今回の賞与処理を終了する]を行ってない場合は、賞与データの削除は行わないで次回発生する賞与時期まで賞与データの終了処理も行わずに、そのままおいておくことをお勧めします。
このとき、賞与支給日を予定日として次回の支給日を暫定的に設定しておきます。
  • クイックナビゲータの[賞与支払]カテゴリから[賞与の作成]をクリックします。
  • [設定]をクリックして、[支給日]を次回支払い予定の賞与の支給日に変更します。
  • [OK]をクリックします。
  • 賞与の支払いが発生する際には実際の賞与支給日を設定し、通常の賞与処理を行います。


賞与データの「終了処理」を行っている場合(賞与データが空の状態で存在している)

賞与データの削除は、既に終了処理を行っている状態であれば[過去データ削除]をクリックして削除することができますが、指定した賞与以前の賞与データが存在する場合は、選択した賞与以前のデータがすべて削除されることになります。そのため削除は行わずに次回の賞与支払いに使用されることをお勧めします。
  • クイックナビゲータの[賞与支払]カテゴリから[賞与の作成]をクリックします。
  • [対象選択]をクリックして、[賞与対象選択]画面を開きます。
  • 削除したいデータより以前に賞与データが存在するか確認します。
  • 過去の賞与データが存在する場合には、指定したデータのみの削除は行えません。 今後の処理方法として以下の方法があります。

    A.今後、空の賞与データとして何も入力しないまま保存する。
    B.次回に賞与処理が発生したときに終了した賞与データを使用する。

  • Bの処理を行う場合、終了している賞与データは過去データとなっているため、賞与の[明細入力]画面から直接入力を行うことができません。
    入力は[ツール]メニューの[過去データ修正]画面から手入力します。また、[過去データ修正]画面には、自動計算機能がありません。

    • 金額を入力、修正しても支給合計などは自動計算されません。入力、修正した明細項目にかかわる明細項目も併せて修正してください。
    • 「明細項目の合計」と「所得税額や雇用保険料額など」の整合のチェックはしていません。入力した数字が賃金台帳の印刷や年末調整の計算などにそのまま使用されます。

過去の賞与データが存在しない場合は、以下の手順で削除することができます。

  • クイックナビゲータの[賞与支払]カテゴリから[賞与の作成]をクリックします。
  • [対象選択]をクリックして、[賞与対象選択]画面で、賞与データが今回作成・終了したデータのみの状態であることを確認し、[OK]をクリックします。
  • [過去データ削除]をクリックして、[過去データ削除]画面を開きます。
  • [削除開始対象]で削除を行うデータが選択されています。 このまま[OK]をクリックします。
  • 削除前のバックアップファイルを作成後、賞与データが削除されます。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク