住民税を変更するタイミングと設定方法 弥生給与 サポート情報

ID:ida19389

住民税の変更は、[給与]の処理月度を「6月度給与」に更新した後に行います。例年5月中に、送付される『市区町村民税・都道府県民税特別徴収額通知書』に基づいて、「6月から翌年5月」までの税額を『弥生給与(やよいの給与計算)』の従業員情報の[住民税]タブに登録します。

  • クイックナビゲータの[給与支払]カテゴリから[処理月度]をクリックします。
  • 給与処理設定]画面で[処理月度]が「6月度給与」になっていることを確認します。 [処理月度]が[5月度給与]の場合は、[次月度に更新]を行い[6月度給与]にします。
    「6月度給与」に更新されていることを確認したら[キャンセル]をクリックして、[給与処理設定]画面を閉じます。
  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[従業員]をクリックします。
  • [表示]の一覧から住民税を設定する従業員を選択して、[住民税]タブをクリックします。
  • [簡易設定]を選択して、「6月」の税額と「7月から翌年5月」までの税額を一括設定します。
    • [6月]に端数の税額を入力します。(※)
    • [7月以降]に「7月から翌年5月」まで(各月共通)の税額を入力します。

    (※)住民税の端数処理について
    毎月の特別徴収税額は年税額を12等分したものです。年税額を12で割って100円未満の金額はすべて第一回分(6月)にまとめて徴収します。

末締めの翌月支払の場合で住民税の徴収開始が1か月ずれる場合

給与の[処理月度]を「7月度給与」に更新してから住民税の徴収を開始する場合は、「7月」とそれ以外の月(各月共通)の住民税額を[月別設定]で入力するのは面倒です。
この場合は、[簡易設定]の[6月]と[7月以降]に7月以降(各月共通)の住民税額を入力します。次に[月別設定]に切り替えて、[7月]の住民税額を修正します。
詳しくは、 月末締、翌月支給の給与なので住民税の徴収を「7月度給与」から開始したい を参照してください。

従業員を一覧で表示させて、住民税を設定することができます。

詳しくは、 住民税を一覧で設定したい をご覧ください。
([従業員一覧表]は『弥生給与』のみの機能です。)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク