日額支給の通勤費を複数の勤怠項目で計算させる方法 弥生給与 サポート情報

ID:ida19484

通勤費を[日額×日数]で計算する場合の「日数」として使用する勤怠項目は、[給与規定]の[その他]タブの[通勤費日額支給対象日数]で指定します。初期値では「出勤日数」が選択されています。
ここでは、複数の「対象日数」を選択することはできません。

ただし、複数の「対象日数」を集計させる新しい項目を作成して、[通勤費日額支給対象日数]で指定することができます。
ここでは、1か月当たりの通勤費を「出勤日数」と「休日出勤日数」から計算する方法を例に説明します。

  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[明細項目]をクリックします。
  • [明細項目<項目別>]画面を開きます。
  • [支給区分]を[給与]、[項目グループ]は[勤怠]を選択します。
  • [作成]をクリックします。 [明細項目の新規作成]ダイアログが表示されます。
  • [名称]を入力して、[特殊設定]の[集計計算項目として作成する]にチェックを付けて[OK]をクリックします。
  • [一般]タブ[集計対象]で、[出勤日数][休日出勤日数]など集計したい勤怠項目にチェックを付けます。
  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[給与規定] をクリックします。
  • [その他]タブをクリックします。
  • [通勤費日額支給対象日数]の手順5で作成した明細項目を選択します。
  • クイックナビゲータの[給与支払]カテゴリから[明細入力 明細書の印刷]をクリックします。
  • 手順6でチェックを付けた勤怠項目(出勤日数、休日出勤日数)に「日数」を入力すると、日額の通勤費が自動で計算されることを確認します。

通勤費を1日ごとに支給したい場合は、 通勤費を1日ごとに支給したい を確認してください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク