賞与支払が同月に2回以上ある場合の厚生年金保険料の算出方法 弥生給与 サポート情報

ID:ida19494

賞与から控除する厚生年金保険料は、各従業員へ支給する賞与額から1,000円未満を切り捨てた額を[標準賞与額]とし、この[標準賞与額]に厚生年金の保険料率を乗じて求められます。
厚生年金保険料の[標準賞与額]には上限が設けられており、1か月につき150万円(同月に2回以上支給されたときは合算した額)とされています。

弥生給与(やよいの給与計算)は、同月に2回以上の賞与支払があっても、1回ごとに厚生年金保険料を求めているため、1か月当たりの上限の自動判断を行うことができません。
そのため、同月に2回以上の賞与支払があるときは、厚生年金保険料を手計算し、必要に応じて差額を調整してください。



[標準賞与額]が150万円を超えない場合

例)同じ月に「500,900円」と「400,200円」の2回の賞与が発生した場合の[厚生年金保険料]

支給日賞与額 標準賞与額 保険料率 厚生年金保険料
1回目賞与 9/10500,900円 500,000 91.500 45,750円
2回目賞与 9/20 400,200円 400,000 91.500 36,600円


1回ごとに計算された厚生年金保険料の合計は82,350円ですが、
正しい厚生年金保険料は、2回分の賞与を合算した標準賞与額901,000円×91.500/1000=82,441円になります。
82,441円-82,350円=91円の差額が発生します。
この差額を2回目の賞与の厚生年金保険料36,600円に加算した額に修正します。
  • クイックナビゲータの[賞与支払]カテゴリから[明細入力 明細書の印刷]をクリックします。
  • 従業員を選択します。
  • [変動項目]のチェックを外して、[厚生年金保険料]を直接修正します。


[標準賞与額]が150万円を超える場合

例)同じ月に「856,500円」と「789,200円」の2回の賞与が発生した場合の[厚生年金保険料]
支給日賞与額 標準賞与額 保険料率 厚生年金保険料
1回目賞与 9/10 856,500円 856,000円 91.500 78,324円
2回目賞与 9/20 789,200円 789,000円 91.500 72,193円


1回ごとに計算された厚生年金保険料の合計は150,517円ですが、
2回分の賞与を合算すると[標準賞与額]が150万円を超えているため、
正しい厚生年金保険料は、標準賞与額の上限1,500,000円×91.500/1000=137,250円になります。
150,517円-137,250円=13,267円の差額が発生します。
この差額を2回目の賞与の厚生年金保険料72,193円から差し引いた額に、修正します。
  • クイックナビゲータの[賞与支払]カテゴリから[明細入力 明細書の印刷]をクリックします。
  • 従業員を選択します。
  • [変動項目]のチェックを外して、[厚生年金保険料]を直接修正します。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク